【ビルボード】BTS『BE』が31,085枚を売り上げて、リリースから約5か月で初ALセールス首位 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】BTS『BE』が31,085枚を売り上げて、リリースから約5か月で初ALセールス首位

Billboard JAPAN
【ビルボード】BTS『BE』が31,085枚を売り上げて、リリースから約5か月で初ALセールス首位

【ビルボード】BTS『BE』が31,085枚を売り上げて、リリースから約5か月で初ALセールス首位


 2021年4月28日公開(集計期間:2021年4月19日~4月25日)のBillboard JAPAN週間アルバム・セールス・チャート“Top Albums Sales”で、BTSの『BE』が当週31,085枚を売り上げて首位を獲得した。

 2020年11月にリリースされた本作は、今回初めてセールス首位を獲得した。2021年3月に行われた【グラミー賞授賞式】の衣装を着用したメンバー未公開写真使用の限定フォトカード付セットがリリースされたことがセールス増加の要因と考えられる。累計売上枚数は303,408枚と、30万枚を突破した。

 2位には声優・江口拓也の『EGUISM』が初動3日間で13,836枚、当週18,791枚を売り上げてチャートイン。そして3位には、hololive IDOL PROJECTの『Bouquet』が初動3日間で9,459枚、当週12,373枚を売り上げてチャートインしている。

 『「呪術廻戦」オリジナル・サウンドトラック』が当週12,012枚を売り上げて4位に、続いてORβITの『Enchant』が当週11,282枚を売り上げて5位にチャートインしている。

 6位以下の動きでは、BAEKHYUNの日本1stミニ・アルバム『BAEKHYUN』の累計売上枚数が100,427枚を記録した。また、どついたれ本舗・Buster Bros!!!による『どついたれ本舗 VS Buster Bros!!!』も累計セールスも100,247枚となり、ともに10万枚を突破した。


◎Billboard JAPAN Top Albums Sales
(2021年4月19日~4月25日までの集計)
1位『BE』BTS(31,085枚)
2位『EGUISM』江口拓也(18,791枚)
3位『Bouquet』hololive IDOL PROJECT(12,373枚)
4位『「呪術廻戦」オリジナル・サウンドトラック』堤博明・照井順政・桶狭間ありさ(12,012枚)
5位『Enchant』ORβIT(11,282枚)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい