KISSが新たなライブ・アーカイヴ・シリーズのリリース開始、第1弾は2001年の東京公演の音源収録 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

KISSが新たなライブ・アーカイヴ・シリーズのリリース開始、第1弾は2001年の東京公演の音源収録

Billboard JAPAN
KISSが新たなライブ・アーカイヴ・シリーズのリリース開始、第1弾は2001年の東京公演の音源収録

KISSが新たなライブ・アーカイヴ・シリーズのリリース開始、第1弾は2001年の東京公演の音源収録


 KISSが、新たなオフィシャル・ライブ・ブートレグ・シリーズ<KISS ー オフ・ザ・サウンドボード>のリリースを開始した。その第1弾として、2001年3月13日に行われた東京ドーム公演の模様を収録した『オフ・ザ・サウンドボード: TOKYO 2001』が2021年6月11日に発売される。

 今後UMEから続々リリースされていく本ライブ・シリーズの一発目を飾る同アルバムは、アナログ・スタンダード黒盤LP3枚組、CD2枚組、デジタル・ダウンロード及びストリーミング配信の各フォーマットで発売予定だ。また、透明レコード盤にボーン・スワール模様(crystal clear vinyl with bone swirl)を施した限定3枚組LPは、KISS公式オンライン・ストアを通じて販売予定となっている。

 東京は、長年にわたるKISSのバンド・ストーリーを通じ、常に特別な重要性を占めてきた街だ。『オフ・ザ・サウンドボード: TOKYO 2001』には、KISSが55,000人の満員の観客を前に、「ラヴィン・ユー・ベイビー」や「ヘヴンズ・オン・ファイアー」「ロックン・ロール・オール・ナイト」から、1976年に名曲「ベス」とのカップリングで発売されたシングルが全米7位を記録したヒット曲「デトロイト・ロック・シティ」といったクラシック・アンセムや、1982年の『クリーチャーズ・オブ・ザ・ナイト(暗黒の神話)』に収録された「アイ・スティル・ラヴ・ユー」などのレア曲までも披露した模様を、サウンドボードから直接録音した音源を収録。KISSライブの真髄を存分に味わうことが出来る。全21曲がプレイされた同公演は、バンドの音楽的レガシーを讃える記念碑的コンサートで、創設メンバーのポール・スタンレーとジーン・シモンズに、ギターのエース・フレーリー、ドラムスのエリック・シンガーを加えたラインナップとなっている。

 史上最強のライヴ・バンドの一つとして世界的評価を得ているKISSは、史上最高のライヴ・アルバムとして万人が認める1975年の『アライヴ!地獄の狂獣』(ゴールド・ディスク認定、米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”最高位9位)も世に送り出してきた。<KISS ー オフ・ザ・サウンドボード>は、KISSコンサートという壮観かつ壮大な豪華ショーを臨場感たっぷりに記録した画期的なライブ・アルバムの数々が紡いできた、歴史に名高い彼らのレガシーを受け継ぐシリーズだ。

 トレードマークでもある大迫力のパフォーマンスで知られるKISSは、彼らのコンサートがなぜロックン・ロール界で最も象徴的なライブ・ショーであるのかを、何十年もにわたり証明してきた。 これまでに全世界で1億枚以上のアルバムを売り上げ、ロックの殿堂入りも果たしている彼らは、この時のツアーについて、何百万人ものKISSファンこと“KISSアーミー”達に捧げるものだと語っている。

◎リリース情報
アルバム『オフ・ザ・サウンドボード: TOKYO 2001』
2021/6/11 RELEASE
https://kiss.lnk.to/OTSTokyoPR


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい