デイヴィッド・バーン×スパイク・リーの音楽映画よりトーキング・ヘッズの名曲シーン解禁 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

デイヴィッド・バーン×スパイク・リーの音楽映画よりトーキング・ヘッズの名曲シーン解禁

Billboard JAPAN
デイヴィッド・バーン×スパイク・リーの音楽映画よりトーキング・ヘッズの名曲シーン解禁

デイヴィッド・バーン×スパイク・リーの音楽映画よりトーキング・ヘッズの名曲シーン解禁


 元トーキング・ヘッズのグラミー賞受賞アーティスト“デイヴィッド・バーン”と、オスカー賞受賞監督の鬼才“スパイク・リー”による映画『アメリカン・ユートピア』より、演奏シーン映像が解禁された。
https://youtu.be/HCJglZ8D28A

 新しいスタイルの同ライヴ映画にて、全21曲107分の本編から今回公開されたのは、トーキング・ヘッズの「Once In A Lifetime」を演奏するシーンだ。マリオネットのように踊るデイヴィッド・バーンのパフォーマンスからスタートすると、イントロが流れ湧き上がる観客、スポットライトを浴びながら語りかけるようなデイヴィッドの姿を映し出すカメラ、そしてサビでは11人のミュージシャンたちが合流し、1列に並んで迫力のパフォーマンスと美しいハーモニーを披露する。

 NMEが選ぶ“史上最高の曲500”で30位に選ばれている「Once In A Lifetime」は、ブライアン・イーノのプロデュースによりトーキング・ヘッズが1980年に発表した4thアルバム『リメイン・イン・ライト』からの一曲。同アルバムはローリング・ストーン誌が選んだ“オールタイム・グレイテスト・アルバム500”(2020年)で39位に選出され、日本でもマイ・フェイバリットに選ぶミュージシャンも多い。故・今野雄二氏が“原始と原子の火花散る出会い”と評したニューウェイブとアフリカンミュージックが融合した一枚だ。

 現代アメリカを代表するふたりの才人がコラボレーションした映画『アメリカン・ユートピアは、5月7日よりTOHOシネマズシャンテ、シネクイント他で全国公開される。



◎公開情報
映画『アメリカン・ユートピア』
2021年5月7日(金)TOHO シネマズ シャンテ・渋谷シネクイント他全国ロードショー
監督:スパイク・リー
製作:デイヴィッド・バーン、スパイク・リー
出演ミュージシャン:
デイヴィッド・バーン、ジャクリーン・アセヴェド、グスタヴォ・ディ・ダルヴァ、ダニエル・フリードマン、クリス・ジャルモ、ティム・ケイパー、テンダイ・クンバ、カール・マンスフィールド、マウロ・レフォスコ、ステファン・サンフアン、アンジー・スワン、ボビー・ウーテン・3世
2020年/アメリカ/英語/カラー/ビスタ/5.1ch/107 分/原題:DAVID BYRNE`S AMERICAN UTOPIA/字幕監修:ピーター・バラカン
ユニバーサル映画 配給:パルコ 宣伝:ミラクルヴォイス
americanutopia-jpn.com


(c)2020 PM AU FILM, LLC AND RIVER ROAD ENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい