ザ・ブラック・キーズ、自らのルーツに敬意を表した最新ALから新曲「Crawling Kingsnake」配信 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ザ・ブラック・キーズ、自らのルーツに敬意を表した最新ALから新曲「Crawling Kingsnake」配信

Billboard JAPAN
ザ・ブラック・キーズ、自らのルーツに敬意を表した最新ALから新曲「Crawling Kingsnake」配信

ザ・ブラック・キーズ、自らのルーツに敬意を表した最新ALから新曲「Crawling Kingsnake」配信


 ザ・ブラック・キーズが、通算10枚目となるスタジオ・アルバム『デルタ・クリーム』をリリースすることが明らかになった。デジタルは2021年5月14日、日本独自エクスクルーシヴ・ステッカーが封入される日本盤CDは5月26日にリリースされる予定だ。

 アルバム・タイトルとなった『デルタ・クリーム』のネーミングは、今回のジャケットにも採用されている、20世紀後半で最も重要な写真家の一人とされるウィリアム・エグルストンが撮影た米ミシシッピの象徴的な写真から由来している。ミシシッピ・ヒル・カントリー・ブルースとは、米ミシシッピ州北部の丘陵地帯ヒル・カントリーから現れたブルース音楽で、“ヒプノティック(催眠性)”とも評されるギター・リフの反復とドラムによって引き起こされるグルーヴが特徴的。

 『デルタ・クリーム』では、彼らのルーツであり、多大なる影響を与えたミシシッピ・ヒル・カントリー・ブルースのスタンダード・ナンバーである、R. L. バーンサイドやジュニア・キンブロウの曲をはじめ、バンド結成前の10代の頃から彼らが愛してきた楽曲カバーを収録。レコーディングは米ナッシュビルにあるダン所有のイージー・アイ・サウンド・スタジオにて行われ、ブルース・レジェンドのバンドで長年活躍してきたミュージシャンのケニー・ブラウン(G)とエリック・ディートン(G)が参加している。

 Vo&Gのダン・オーバックは『デルタ・クリーム』について以下のように語っている。「このセッションはレコーディングの数日前に計画されて、何もリハーサルとかはしてないんだ。前作アルバム【Let's Rock ツアー】の終わりに、2日間の午後、約10時間でアルバム全曲をレコーディングしたんだよ」「僕らが最初に影響を受けたミシシッピのヒルカントリー・ブルースの伝統に敬意を表す為にこのレコードを作った。これらの曲は、Drのパット(=パトリック・カーニー)と僕が楽器を手にし一緒にプレイしはじめた最初の日と同じように、今日でも僕たちにとって重要な曲たちなんだ。僕とパット、ケニー・ブラウン、エリック・ディートンがぐるっと輪になってプレイしたんだけど、とても刺激的なセッションだった。とても自然な感じだったよ」

 先行リリースとなったファースト・シングル「Crawling Kingsnake」について、二人は以下の様に話している。ダンは「最初に(「キング・オブ・ブギ」と評されたブルース・シンガー、ギタリスト)ジョン・リー・フッカーのバージョンを聴いたのは高校生の時だった。私の叔父のTimがそのレコードを僕にくれたんだ。でも(今作で聴ける)僕らの“Crawling Kingsnake”バージョンは間違いなくジュニア・キンブロウのテイクだね。ディスコなリフだよ!」と述べ、パトリックは「この曲のイントロのドラム・フレーズは、偶然にできたものなんだ。最終目標は、ギターとの相互作用を強調することだったんだ。より深いグルーヴを生み出しそうと、)エリックとトライしたよ」と明かしている。

 「Crawling Kingsnake」のミュージック・ビデオは彼らの公式YouTubeチャンネルにて本日21時にプレミア公開となる。

◎リリース情報
アルバム『デルタ・クリーム』
2021/5/26 RELEASE
WPCR-18426 / 2,420円(tax incl.)
https://Japan.lnk.to/TBK_DKPu


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい