ポール・ギルバート、新インストアルバム『Werewolves of Portland』発売へ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ポール・ギルバート、新インストアルバム『Werewolves of Portland』発売へ

Billboard JAPAN
ポール・ギルバート、新インストアルバム『Werewolves of Portland』発売へ

ポール・ギルバート、新インストアルバム『Werewolves of Portland』発売へ


 MR.BIG、RACER Xのスーパーギタリスト、ポール・ギルバートが2年ぶり通算16枚目となるオリジナル・ソロアルバム『ウェアウルヴス・オブ・ポートランド』を、6月2日(海外は4日)にリリースすることになった。同作より「ウェアウルヴス・オブ・ポートランド」「アーギュメント・アバウト・パイ」「ア・サンダラス・オヴェーション・シュック・ザ・カラムズ」の3曲は5月19日に先行配信される。

 当初、昨年春に他のミュージシャンとレコーディング予定だったものの、コロナ禍のロックダウンのため全て保留に。その後もロックダウンが延々と続く中、他の方法でアルバムを作る方法はないものかと考え、今作ではギターのみならず、ドラム、ベース、キーボードなど全ての楽器をポール自ら担当したそうだ。

 また、インストゥルメンタル作品でありながら全ての楽曲にポール自身による歌詞が存在しているという。「ソングライティングの大半は、歌うことから始まったんだ。短い歌詞を書いてから色んな歌い方をして、どんなメロディが出てくるか様子を見た。頭の中でぐるぐる回るほど強力なメロディだったら、ギターを手に取って、コードやグルーヴを考え出したんだ」と話すポール。

 そんな制作過程について、「自分のギターを“声”としてこれらのメロディを演奏することは本当に喜びを感じたね。僕のヴォーカリストとしての制約すべてが取り除かれたんだ。ギターなら高い音も出せるしね!声のために書かれたメロディには(息継ぎのための)間(ま)が入っている。僕はギターを弾くときにその間が残っているサウンドがとても気に入っている。僕みたいな“シュレッダー”(=速弾きする人のこと)にとって、間があるというのはびっくりするような発見に繋がることもあるんだ!」などと話している。

 なお、アルバム『ウェアウルヴス・オブ・ポートランド』からは現在、「アーギュメント・アバウト・パイ」のミュージックビデオが公開中。
https://www.youtube.com/watch?v=MsC4KjMQVOw



◎リリース情報
アルバム『ウェアウルヴス・オブ・ポートランド』
2021/6/2 Release
SICX-165 2,400円(tax out)
1. ハロー!ノース・ダコタ! | Hello! North Dakota!
2. マイ・グッドネス | My Goodness
3. ウェアウルヴス・オブ・ポートランド | Werewolves Of Portland
4. プロフェッサーシップ・アット・ザ・レニングラード・コンサーヴァトリー | Professorship At The Leningrad Conservatory
5. アーギュメント・アバウト・パイ | Argument About Pie
6. ミーニングフル | Meaningful
7. アイ・ワナ・クライ(イーヴン・ゾウ・アイ・エイント・サッド) | I Wanna Cry (Even Though I Ain’t Sad)
8. ア・サンダラス・オヴェーション・シュック・ザ・カラムズ | A Thunderous Ovation Shook The Columns
9.プロブレム・ソルヴィング・ピープル | Problem-Solving People
10. (ユー・ウッド・ノット・ビー・エイブル・トゥ・ハンドル)ホワット・アイ・ハンドル・エヴリデイ | (You Would Not Be Able to Handle) What I Handle Everyday
11. ヤング・ギター・ピープル | Young Guitar People ※日本盤CDボーナス・トラック


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい