【先ヨミ・デジタル】BTS「Film out」ストリーミング現在首位 NiziU、優里が続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ・デジタル】BTS「Film out」ストリーミング現在首位 NiziU、優里が続く

Billboard JAPAN
【先ヨミ・デジタル】BTS「Film out」ストリーミング現在首位 NiziU、優里が続く

【先ヨミ・デジタル】BTS「Film out」ストリーミング現在首位 NiziU、優里が続く


 GfK Japanによるストリーミング再生回数レポートから、2021年4月5日~4月7日の集計が明らかとなり、BTS「Film out」が5,992,366回再生で首位を走っている。

 本曲は、4月2日より公開がスタートした映画『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』の主題歌。同日より配信がスタートし、2021年4月7日公開(集計期間:2021年3月29日~4月4日)のストリーミング・ソング・チャートでは、集計期間3日間にも関わらず7位に初登場した。リリース1周目後半となる当週前半の3日間では、599.2万回再生を記録し1位にジャンプアップ。2位以下とは200万回差以上つけて1位を走っているため、週間チャートでの1位獲得はほぼ確実だろう。

 2位は、4月7日公開のストリーミング・ソング・チャートで1位デビューを飾ったNiziU「Take a picture」。リリース2週目となる当週前半も382.8万回再生と高い水準をキープしたものの、現在2位を走っている。そんな「Take a picture」が首位を獲得するまで10週連続トップを走っていた優里「ドライフラワー」は、当週380.2万回再生を記録。2位の「Take a picture」とは約2万回差と、僅差の戦いとなっている。

 1位~9位は順位の入れ替わりはあるものの、顔ぶれは前週と変わらず。10位には、BLOOM VASE「Bluma to Lunch」が2週ぶりに速報トップ10入り。このまま週間チャートまで順位をキープできるのか注目だ。




◎Billboard JAPANストリーミング・ソング集計速報
(集計期間:2021年4月5日~4月7日)
1位「Film out」BTS
2位「Take a picture」NiziU
3位「ドライフラワー」優里
4位「Dynamite」BTS
5位「夜に駆ける」YOASOBI
6位「勿忘」Awesome City Club
7位「怪物」YOASOBI
8位「うっせぇわ」Ado
9位「群青」YOASOBI
10位「Bluma to Lunch」BLOOM VASE

※Billboard JAPANの週間ストリーミング・ソング・チャートは、GfK Japanが提供するオンデマンド型音楽配信サービス(Amazon Music Unlimited、Apple Music、AWA、Google Play Music、HMVmusic、KKBOX、LINE MUSIC、Rakuten Music、Rec Music、Spotify)、プレイリスト型音楽配信サービス(dヒッツ、うたパス)、ニールセンが提供するYouTube Musicの再生回数を合算して集計していますが、先ヨミ時点の集計値はGfK Japanのデータによる推定値となります。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい