ゼッド、米ラスベガスで新たな常設公演を発表 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ゼッド、米ラスベガスで新たな常設公演を発表

Billboard JAPAN
ゼッド、米ラスベガスで新たな常設公演を発表

ゼッド、米ラスベガスで新たな常設公演を発表


 現地時間2021年4月7日、米ラスベガスに新しく建設されたリゾート・ワールド・ラスベガス内のZouk NightclubとAyu Dayclubで、ゼッドが新しい常設公演を行うことが発表された。この公演は2023年まで続く予定で、公演日やチケット情報は数週間以内に発表される。また、追加アーティストの発表も予定している。

 ゼッドは、「ラスベガスに戻れることに、とてもワクワクしています」と米ビルボードに対して述べ、「10年近くラスベガスで常設公演をしていますが、パンデミックのため中断することになり、私の人生の重要な部分が止まってしまったように感じていました。リゾート・ワールド・ラスベガスで新たな公演を行うのが待ちきれません」と語った。

 これまでにゼッドは米ラスベガスのハッカサン、オムニア、ウェット・リパブリック・デイクラブといった大規模なクラブで常設公演を行ってきた。3,500室を有するリゾート・ワールド・ラスベガス内のクラブは、シンガポールのライフスタイルとエンターテインメント企業であるZouk Groupによって初めて米国で運営されるクラブとなる。同ホテルは、ストリップ地区に10年以上ぶりに建設された新しいリゾート施設となる。

 Zouk Group最高責任者のアンドリュー・リーは声明で「過去10年間、Zouk Groupの会場で象徴的なパフォーマンスを行ってきたゼッドと今回提携し、彼と長年の関係を継続できることを誇りに思います」と述べた。「このような音楽業界の先見者に、ストリップ地区の最新リゾートの新しいステージを提供できることは、本当に光栄なことです。従来のDJセットをはるかに超える、引き込まれるようなショー体験をご期待ください」と続けた。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい