【ビルボード】NiziU「Take a picture」ストリーミングと動画再生1位で初登場総合首位、BTS「Film out」解禁わずか3日で総合2位に 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】NiziU「Take a picture」ストリーミングと動画再生1位で初登場総合首位、BTS「Film out」解禁わずか3日で総合2位に

Billboard JAPAN
【ビルボード】NiziU「Take a picture」ストリーミングと動画再生1位で初登場総合首位、BTS「Film out」解禁わずか3日で総合2位に

【ビルボード】NiziU「Take a picture」ストリーミングと動画再生1位で初登場総合首位、BTS「Film out」解禁わずか3日で総合2位に


 2021年4月7日公開(集計期間:2021年3月29日~4月4日)のBillboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”で、NiziUの「Take a picture」が総合首位を獲得した。

 NiziUが4月7日にリリースする2ndシングル『Take a picture/Poppin' Shakin'』のリードトラックである本曲は、先行デジタル解禁後、ストリーミングが10,821,317再生で1位、動画再生は6,563,675再生で1位となり2冠を達成した。他指標でも28,424DLでダウンロード2位、Twitter 8位、ラジオ12位と高ランクをマークして、初登場で総合首位を獲得。NiziUが総合首位を獲得するのは、2020年12月9日公開チャートの「Step and a step」以来、約4か月ぶりとなる。

 坂口健太郎が主演する映画『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』の主題歌で、4月2日0時よりデジタル解禁されたBTSの「Film out」は、集計期間わずか3日間で、ストリーミングが7,899,679再生で7位、32,769DLでダウンロード1位、動画再生が2,917,682再生で4位を記録。Twitter 1位、ラジオ34位と、急速にポイントを伸ばして総合2位に初登場した。33週に亘りトップ10圏内を守る「Dynamite」は、新曲のリリースを受けても、ダウンロード、ストリーミング、動画再生ともにポイントが微減に留まり、前週より1ランクダウンの総合7位にチャートイン。国際的な人気を誇るBTSの訴求力は日本でも同様の勢いを堅持している。


◎【JAPAN HOT 100】トップ10
1位[-]「Take a picture」NiziU(-・28,424DL・10,821,317再生)
2位[-]「Film out」BTS(-・32,769DL・7,899,679再生)
3位[4]「ドライフラワー」優里(-・10,001DL・10,193,162再生)
4位[2]「怪物」YOASOBI(4,217枚・12,532DL・8,390,916再生)
5位[3]「うっせぇわ」Ado(-・8,851DL・7,659,409再生)
6位[7]「夜に駆ける」YOASOBI(-・9,810DL・8,618,818再生)
7位[6]「Dynamite」BTS(-・5,954DL・8,641,932再生)
8位[5]「One Last Kiss」宇多田ヒカル(-・16,190DL・6,087,728再生)
9位[8]「勿忘」Awesome City Club(-・7,768DL・8,631,068再生)
10位[9]「廻廻奇譚」Eve(-・9,113DL・6,364,493再生)

※[]内は前週順位
※()内はシングル枚数・ダウンロード数・ストリーミング数(各50位圏内のみ)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい