【ビルボード】優里「ドライフラワー」がストリーミング10連覇 BLOOM VASE初トップ10入り 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】優里「ドライフラワー」がストリーミング10連覇 BLOOM VASE初トップ10入り

Billboard JAPAN
【ビルボード】優里「ドライフラワー」がストリーミング10連覇 BLOOM VASE初トップ10入り

【ビルボード】優里「ドライフラワー」がストリーミング10連覇 BLOOM VASE初トップ10入り


 2021年3月31日公開(集計期間:2021年3月22日~3月28日)のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”で、優里の「ドライフラワー」が首位を獲得し、10連覇を達成した。

 再生回数は10,517,949回で、前週比96%とほぼ横ばいに推移し、週間1,000回の大台超えは12週連続となった。前週で累計2億回を突破した同曲は、依然として高水準を保っており、トップの座を手堅く守り続けている。優里は25位に「かくれんぼ」、29位に「ピーターパン」、66位に「インフィニティ」、84位の「桜晴」がそれぞれエントリー。いずれも再生回数は5%以内の増減率に留まっており、着実に数字を積み上げ続けている。

 続いて、前週3位だったBTSの「Dynamite」が1ランクアップして2位に。再生回数は前週比95%の8,918,004回を記録した。そして3位は前週から1ランクダウンとなったAwesome City Clubの「勿忘」で、再生回数は前週比93%の8,791,356回を記録。推移はゆるやかな減少トレンドに転じている。

 YOASOBIは4位に「夜に駆ける」、5位に「怪物」、8位に「群青」が入り、計3曲がトップ10入り。特に「怪物」は、タイアップしているTVアニメ『BEASTARS』が最終話の放送を迎えたこともあり、アニメの盛り上がりと比例するようにチャート・アクションを活性化し、当週は前週比103%の8,356,769回を記録した。同じく『BEASTARS』のタイアップ・ソングである「優しい彗星」は31位に入っており、こちらも前週比104%と再生回数を伸ばしている。

 前週11位だったBLOOM VASEの「Bluma to Lunch」は、1ランクアップして10位をマークし、初のトップ10入りを果たした。2月10日公開の本チャートで70位にデビューした同曲は、TikTok内で生まれたミームによって広がった楽曲で、最新の国内週間楽曲ランキング“TikTok HOT SONG Weekly Ranking”では4位に入っていた。

 78位にデビューした、あたらよの「10月無口な君を忘れる」も、TikTokやTwitterなどのSNSでバイラル・ヒットしている楽曲で、タイムライン上には弾き語りのカバー動画が多く見かけられる。あたらよは、東京を中心に活動する4ピース・バンドで、2020年11月28日に「10月無口な君を忘れる」のミュージックビデオを公開し、3月24日に同曲を配信リリースした。なお、当週トップ100にデビューしたのは、この「10月無口な君を忘れる」のみだった。


◎【Streaming Songs】トップ10
1位「ドライフラワー」優里(10,517,949回再生)
2位「Dynamite」BTS(8,918,004回再生)
3位「勿忘」Awesome City Club(8,791,356回再生)
4位「夜に駆ける」YOASOBI(8,698,650回再生)
5位「怪物」YOASOBI(8,356,769回再生)
6位「うっせぇわ」Ado(8,290,225回再生)
7位「One Last Kiss」宇多田ヒカル(6,846,022回再生)
8位「群青」YOASOBI(6,720,177回再生)
9位「廻廻奇譚」Eve(6,177,417回再生)
10位「Bluma to Lunch」BLOOM VASE(5,492,611回再生)

※()内はストリーミング再生回数。
※総合ソング・チャート“HOT 100”のストリーミング指標と動画再生指標およびストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”では、一部サービスにおけるデータを無料ストリーミングと有料ストリーミングで分けて集計し、それぞれ異なる係数を乗じているため、再生回数の合算によるランキングとは異なる場合があります。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい