ピンクが保護犬を家族に迎える、そのユニークな名前とは? 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ピンクが保護犬を家族に迎える、そのユニークな名前とは?

Billboard JAPAN
ピンクが保護犬を家族に迎える、そのユニークな名前とは?

ピンクが保護犬を家族に迎える、そのユニークな名前とは?


 現地時間2021年3月29日、ピンクが保護犬を家族に迎えたことを自身のSNSで報告した。

 ピンクは、パジャマ姿の娘ウィローと息子ジェイムソンが、可愛らしい黒い子犬とポーズする写真を投稿し、ハバネロ・マウンテン・ガイ・カダシ・ハート(Habanero Mountain Guy Kadashi Hart)というユニークな名前を子犬につけたことを明かした。

 そしてハバネロを保護したアニマル・レスキュー団体のThe Labelle Foundationに対して“新しい家族の一員”を迎えられたことに感謝すると、「私たちはあなたたちの活動を尊敬しています」と綴り、ハッシュタグ“#AdoptDontShop”を通じて、ペットショップやブリーダーから子犬を飼うのではなく、保護犬を迎え入れることをファンに呼びかけた。

 なお、ピンクは、4月8日にラグンボーン・マンとのコラボ曲「Anywhere Away From Here」をリリースすることが明らかになっている。この曲は、5月7日に発売されるラグンボーン・マンのニュー・アルバム『Life By Misadventure』に収録予定となっており、今年1月には「All You Ever Wanted」と題された先行トラックが解禁されていた。

 ラグンボーン・マンは、この曲について「気まずい状況から消えたいと思う正直な心情を捉えた、我々皆が直面する傷つきやすさについての楽曲です」と英NMEへの声明で語り、「ピンクにこの曲に参加してもらえたことを光栄に思いますし、彼女がこの曲の一部になってくれてとても嬉しいです」とコメントしている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい