【ビルボード】宇多田ヒカル「One Last Kiss」DLソング2週連続首位、『ウマ娘』2曲がトップ10デビュー 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】宇多田ヒカル「One Last Kiss」DLソング2週連続首位、『ウマ娘』2曲がトップ10デビュー

Billboard JAPAN
【ビルボード】宇多田ヒカル「One Last Kiss」DLソング2週連続首位、『ウマ娘』2曲がトップ10デビュー

【ビルボード】宇多田ヒカル「One Last Kiss」DLソング2週連続首位、『ウマ娘』2曲がトップ10デビュー


 2021年3月29日付(集計期間:2021年3月15日~3月21日)のBillboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”で、宇多田ヒカルの「One Last Kiss」が、30,555ダウンロード(DL)を売り上げて、首位をキープした。

 前週66,534DLで初登場1位を獲得した「One Last Kiss」は、その半分ほどまで数字を落としたものの、2位以下に大差をつけて首位を維持した。ラジオ2位、ストリーミング6位、動画再生3位、Twitter 9位と、他指標では、いずれもわずかにダウンとなったが、トップ10圏内をキープして、総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”では見事1位に上昇した。

 ゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』内で使用されている楽曲を収めたミニ・アルバム『WINNING LIVE 01』からは、「GIRLS' LEGEND U」が13,050DLで2位、「うまぴょい伝説」が9,221DLで7位にトップ10デビューした。3月17日にリリースされた『WINNING LIVE 01』は、DLが牽引して総合アルバム・チャート“Hot Albums”で9位に初登場している。

 9週にわたりトップ5を維持しているAdoの「うっせぇわ」を3位に挟み、4位にはKis-My-Ft2の27枚目のシングルの表題曲「Luv Bias」が11,921を売り上げてデビュー。ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』の主題歌だった同曲は、フィジカル盤が2月24日にリリースされていた。ダウンロードの影響を受けて、3月8日付で初登場1位を記録していた“JAPAN HOT 100”では、前週31位から13位へ大きくジャンプアップした。

 日本のトップ・ミュージシャン達が参加したことで話題のBank Band feat. MISIAによる「forgive」は8,591DLで8位に初登場。3月20日に配信されたBank Band5作目のオリジナル曲は、櫻井和寿が作詞、小林武史が作曲と編曲を担当している。



◎【Download Songs】トップ10
1位「One Last Kiss」宇多田ヒカル(30,555ダウンロード)
2位「GIRLS' LEGEND U」Various Artists(13,050ダウンロード)
3位「うっせぇわ」Ado(12,709 ダウンロード)
4位「Luv Bias」Kis-My-Ft2(11,921ダウンロード)
5位「夜に駆ける」YOASOBI(10,315ダウンロード)
6位「ドライフラワー」優里(9,431ダウンロード)
7位「うまぴょい伝説」Various Artists(9,221ダウンロード)
8位「forgive」Bank Band feat. MISIA(8,591ダウンロード)
9位「怪物」YOASOBI(7,969ダウンロード)
10位「Dynamite」BTS(7,853ダウンロード)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい