【ビルボード】KAT-TUN「Roar」196,322枚を売り上げ初登場総合首位、宇多田ヒカル「One Last Kiss」総合2位に初登場 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】KAT-TUN「Roar」196,322枚を売り上げ初登場総合首位、宇多田ヒカル「One Last Kiss」総合2位に初登場

Billboard JAPAN
【ビルボード】KAT-TUN「Roar」196,322枚を売り上げ初登場総合首位、宇多田ヒカル「One Last Kiss」総合2位に初登場

【ビルボード】KAT-TUN「Roar」196,322枚を売り上げ初登場総合首位、宇多田ヒカル「One Last Kiss」総合2位に初登場


 2021年3月22日付(集計期間:2021年3月8日~3月14日)のBillboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”で、KAT-TUNの「Roar」が総合首位を獲得した。

 亀梨和也主演の日テレ系土曜ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』の主題歌であり、前作「Ask Yourself」から約3年ぶりとなる新曲「Roar」は、初週売上196,322枚でCDセールス1位を記録した。他指標ではCD読み取り回数のルックアップで1位となり2冠を獲得し、ダウンロード3位、Twitter 2位、ラジオ12位と、フィジカル2指標が牽引して総合首位を獲得した。前シングルの初週売上は144,979枚で今作は約5万枚を上回り、デビュー15周年を記念するシングルとして上々のスタートを切った。また、シングル発売同日にダウンロードとストリーミングが解禁され、その結果が注目された。ストリーミングは圏外となったものの、ダウンロードは12,619DLをマークして3位と、デジタル領域でも可能性を十分に感じさせる展開だ。

 映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のテーマソングである宇多田ヒカルの「One Last Kiss」は、ダウンロードが66,534DLで1位、ストリーミングでは9,317,744再生で3位、庵野秀明監督が手がけた動画再生も3,840,805再生で1位、ラジオ1位、Twitter 4位と実力を発揮し、計3冠で総合2位に初登場した。また「Beautiful World (Da Capo Version)」、「Beautiful World」、「桜流し」など宇多田ヒカルの関連楽曲がダウンロードとストリーミングで動いており、4月より放送開始するTVアニメ『不滅のあなたへ』の主題歌「PINK BLOOD」もTwitterで早くも注目されるなど、次週以降のチャート・アクションが大いに期待できる結果となった。


◎【JAPAN HOT 100】トップ10
1位[-]「Roar」KAT-TUN(196,322枚・12,619DL・-・-)
2位[-]「One Last Kiss」宇多田ヒカル(-・66,534DL・9,317,744再生)
3位[2]「ドライフラワー」優里(-・10,158DL・11,481,131再生)
4位[1]「うっせぇわ」Ado(-・13,086DL・9,065,236再生)
5位[3]「夜に駆ける」YOASOBI(-・7,224DL・9,212,735再生)
6位[5]「勿忘」Awesome City Club(-・8,565DL・10,213,643再生)
7位[4]「Dynamite」BTS(-・7,117DL・9,218,756再生)
8位[8]「怪物」YOASOBI(-・5,960DL・7,821,866再生)
9位[6]「群青」YOASOBI(-・4,871DL・7,081,781再生)
10位[7]「炎」LiSA(1,168枚・5,009DL・5,615,142再生)

※[]内は前週順位
※()内はシングル枚数・ダウンロード数・ストリーミング数(各50位圏内のみ)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい