【ビルボード】宇多田ヒカル「One Last Kiss」がアニメ初登場1位、『エヴァ』好発進 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】宇多田ヒカル「One Last Kiss」がアニメ初登場1位、『エヴァ』好発進

Billboard JAPAN
【ビルボード】宇多田ヒカル「One Last Kiss」がアニメ初登場1位、『エヴァ』好発進

【ビルボード】宇多田ヒカル「One Last Kiss」がアニメ初登場1位、『エヴァ』好発進


 2021年3月22日付(集計期間:2021年3月8日~3月14日)のBillboard JAPANアニメチャート“JAPAN HOT Animation”で、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の主題歌である宇多田ヒカルの「One Last Kiss」が1位に輝いた。

 2度の公開延期を経て、待望の劇場公開を迎えた映画は、7日間で累計興行成績33億円、観客動員219万人を突破するヒットを記録した。その話題作ということもあり、宇多田ヒカルの新曲もダウンロード、ストリーミング、動画再生、ラジオ、Twitterの5指標で1位を獲得して、堂々の首位デビュー。エンドロールに流れる「Beautiful World (Da Capo Version)」も、ダウンロード2位、Twitter 8位、ストリーミング9位で9位に初登場している。

 2位から5位には、YOASOBIの「怪物」(TVアニメ『BEASTARS』オープニング曲)、LiSAの「炎」(『劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編』主題歌)、Eveの「廻廻奇譚」(TVアニメ『呪術廻戦』オープニング曲)、菅田将暉の「虹」(映画『STAND BY ME ドラえもん2』主題歌)と、ロングヒット曲が続く。6位には『BEASTARS』の第2期エンディングを務めるYOASOBIの「優しい彗星」が、一発撮りシリーズ「THE FIRST TAKE」で披露された影響からか、前週11位から6位にジャンプアップしている。

 トップ10初登場曲は、宇多田ヒカルの前述2曲に加え、『うたの☆プリンスさまっ♪』より美風藍(蒼井翔太)の「ラヴ・エボル」が、CDセールス1位、CD読み取り回数のルックアップで4位を記録して10位にチャートインした。


◎【JAPAN HOT Animation】トップ10
1位「One Last Kiss」宇多田ヒカル
2位「怪物」YOASOBI
3位「炎」LiSA
4位「廻廻奇譚」Eve
5位「虹」菅田将暉
6位「優しい彗星」YOASOBI
7位「Universe」Official髭男dism
8位「紅蓮華」LiSA
9位「Beautiful World (Da Capo Version)」宇多田ヒカル
10位「ラヴ・エボル」美風藍(蒼井翔太)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい