一発撮りのパフォーマンスを切り取る「THE FIRST TAKE」がチャンネル登録者数400万人突破 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

一発撮りのパフォーマンスを切り取る「THE FIRST TAKE」がチャンネル登録者数400万人突破

Billboard JAPAN
一発撮りのパフォーマンスを切り取る「THE FIRST TAKE」がチャンネル登録者数400万人突破

一発撮りのパフォーマンスを切り取る「THE FIRST TAKE」がチャンネル登録者数400万人突破


 YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」のチャンネル登録者数が400万人を突破した。

 「THE FIRST TAKE」は、一発撮りのパフォーマンスを切り取るYouTubeチャンネルで、設立から1年足らずの2020年9月に200万人を達成。日本の音楽ジャンルでのYouTubeチャンネルのなかで、アーティストの公式チャンネルや音楽レーベルのチャンネル以外では異例の数字となる。

 yama「春を告げる」、ずっと真夜中でいいのに。「秒針を噛む」などのコンテンツも生まれたほか、アイナ・ジ・エンド「オーケストラ」、東京とソウルをオンラインでつなぎ韓国にて収録を行ったTOMORROW X TOGETHER「ある日、頭からツノが生えた(CROWN)」の公開など、SNSでもトレンド入りを果たした。Little Glee Monster「Dear My Friend feat.Pentatonix」では、ペンタトニックスの収録をロサンゼルスと東京をオンラインでつなぐ形で実施した。2月24日に公開されたYOASOBI「群青」はプレミア公開時に最高の12万人を集め、再生回数が1500万回に迫っている。

 さらに、次なる才能を探す一発撮りオーディションプログラム「THE FIRST TAKE STAGE」、「THE FIRST TAKE」発の音源配信「- From THE FIRST TAKE」などが展開されている。

https://www.youtube.com/channel/UC9zY_E8mcAo_Oq772LEZq8Q


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい