【アニサマナイト2】早見沙織、2度目のビルボードライブに「感無量です」MISIAのカバーも 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【アニサマナイト2】早見沙織、2度目のビルボードライブに「感無量です」MISIAのカバーも

Billboard JAPAN
【アニサマナイト2】早見沙織、2度目のビルボードライブに「感無量です」MISIAのカバーも

【アニサマナイト2】早見沙織、2度目のビルボードライブに「感無量です」MISIAのカバーも


 3月14日、コンセプトに“大人な夜のアニサマ”を掲げたイベント【Animelo Summer Night ? in Billboard Live(アニサマナイト2)】が開催され、会場のビルボードライブ横浜から配信。出演した早見沙織の速報ライブ写真が到着した。

 声優として数々の作品に出演する傍ら、2015年8月にシングル『やさしい希望』でアーティスト・デビューした早見。デビュー5周年を迎えた2020年、9月にリリースしたミニアルバム『GARDEN』は早見自身の作詞曲を中心に、表題曲「garden」では冨田恵一(冨田ラボ)がサウンド・プロデュースを手掛けた。この【アニサマナイト】には前回に続き2度目の出演となる。

 開演はジャジーなセッションから。そんなムードを軽やかに掬い上げるように、卓越した歌唱力で1曲目「eve」を雰囲気たっぷりに歌い上げると、続く2曲目はKenichiro NishiharaとMichael Kanekoという強力タッグで制作された「yoso」、3曲目は前回も披露された早見屈指のジャズ・ナンバー「ESCORT」と、会場のラグジュアリーな空気を見事に掌握していく。「前回もお話したんですけど、ビルボードライブという大好きで、お客さんとしても行くことのあるステージで歌うことができて感無量です」と早見。ラストは、TVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』EDテーマの「オルフェンズの涙」をカバー、最後まで瀟洒なアンサンブルと極上のヴォーカルでリスナーを魅了した。


◎公演情報
【Animelo Summer Night ? in Billboard Live】
日時:2021年3月14日(日)19:00~
ニコニコ生放送、LINE LIVE-VIEWING
出演:オーイシマサヨシ/大橋彩香/鈴木みのり/高槻かなこ/早見沙織/ReoNa ほか

(c)Animelo Summer Live 2021


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい