ビー・ジーズ伝記映画の監督が決定 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ビー・ジーズ伝記映画の監督が決定

Billboard JAPAN
ビー・ジーズ伝記映画の監督が決定

ビー・ジーズ伝記映画の監督が決定


 パラマウント・ピクチャーズ製作のビージーズの伝記映画をケネス・ブラナーが監督することがわかった。

 ベン・エルトンが脚本を手がける本作は、スティーヴン・スピルバーグの製作会社であるドリームワークス(近年は彼の製作会社アンブリン)が長年温めてきたプロジェクトだったが、『ボヘミアン・ラプソディ』のプロデューサーのグラハム・キングがドリームワークスの前エグゼクティブであるステイシー・スナイダーと彼女の設立会社シスターと手を組んで、パラマウント・ピクチャーズからリリースされることになった。

 GKフィルムズとアンブリン、シスターが製作し、メンバーのバリー・ギブが製作総指揮を務める。

 バリー、ロビン、モーリスのギブ兄弟からなるビージーズは1960年~70年代に注目を浴び、「傷心の日々」、「失われた愛の世界」、「ブロードウェイの夜」、「ステイン・アライヴ」のヒットで世界的に知られる存在に。世界で最も売れたグループのうちのひとつと言われている。

 メンバーの中で存命なのがバリーのみで、モーリスは2003年に腸閉塞のため53歳、ロビンは2012年に大腸がんのため62歳で亡くなっている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい