【先ヨミ】ヒプノシスマイク『Bad Ass Temple VS 麻天狼』58,914枚を売り上げアルバム首位走行中 宇多田ヒカル、ゴスペラーズが続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ】ヒプノシスマイク『Bad Ass Temple VS 麻天狼』58,914枚を売り上げアルバム首位走行中 宇多田ヒカル、ゴスペラーズが続く

Billboard JAPAN
【先ヨミ】ヒプノシスマイク『Bad Ass Temple VS 麻天狼』58,914枚を売り上げアルバム首位走行中 宇多田ヒカル、ゴスペラーズが続く

【先ヨミ】ヒプノシスマイク『Bad Ass Temple VS 麻天狼』58,914枚を売り上げアルバム首位走行中 宇多田ヒカル、ゴスペラーズが続く


 今週のCDアルバム売上レポートから2021年3月8日~3月10日の集計が明らかとなり、『ヒプノシスマイク』シリーズの最新作『Bad Ass Temple VS 麻天狼』が58,914枚を売り上げて首位を走っている。

 本作には、ナゴヤ・ディビジョン“Bad Ass Temple”とシンジュク・ディビジョン“麻天狼”による楽曲が収録される。両ディビジョンによるバトル曲「Light & Shadow」はKEN THE 390と井手コウジ、Bad Ass Templeの「開眼」はアフロ(MOROHA)と池永正二(あらかじめ決められた恋人たちへ)、麻天狼の「TOMOSHIBI」はGADOROとDJ KRUSHが楽曲制作を手がけている。

 2位は、39,376枚を売り上げている宇多田ヒカルの『One Last Kiss』。本作は2007年に公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』から、最新作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』まで、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ全作に提供してきた楽曲を収録し、表題曲は『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のために書き下ろされた新曲だ。共同プロデューサーとしてA.G.クックが参加している。また既発曲は、すべて新たにマスタリングが行われている。

 続いて、ゴスペラーズの18年ぶりとなるアカペラ・アルバム『アカペラ2』が3位を走行中。本作には“ケンカアカペラ”を提唱した「VOXers」や、2020年10月より5か月連続で配信された楽曲など、全13曲が収録されている。

 4位には『アイドルマスター シャイニーカラーズ』より、Team.Solのアルバムが登場。そして2PMのリード・ボーカル、Jun. Kによるミニ・アルバム『THIS IS NOT A SONG』が7,807枚を売り上げて、速報トップ5入りした。 

 
◎Billboard JAPAN アルバムセールス集計速報
(集計期間:2021年3月8日~3月10日)
1位『Bad Ass Temple VS 麻天狼』Bad Ass Temple・麻天狼(58,914枚)
2位『One Last Kiss』宇多田ヒカル(39,376枚)
3位『アカペラ2』ゴスペラーズ(8,718枚)
4位『THE IDOLM@STER SHINY COLORS COLORFUL FE@THERS -Sol-』Team.Sol(8,479枚)
5位『THIS IS NOT A SONG』Jun. K (From 2PM)(7,807枚)

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい