【ビルボード】LiSA「炎」が3週ぶりにアニメトップ、優里「インフィニティ」が上昇 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】LiSA「炎」が3週ぶりにアニメトップ、優里「インフィニティ」が上昇

Billboard JAPAN
【ビルボード】LiSA「炎」が3週ぶりにアニメトップ、優里「インフィニティ」が上昇

【ビルボード】LiSA「炎」が3週ぶりにアニメトップ、優里「インフィニティ」が上昇


 2021年3月15日付(集計期間:2021年3月1日~3月7日)のBillboard JAPANアニメチャート“JAPAN HOT Animation”で、『劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編』の主題歌であるLiSAの「炎」が1位に輝いた。

 3週ぶりにトップに返り咲いた「炎」は、カラオケ1位、動画再生2位、ストリーミング、ダウンロード、Twitter、CD読み取り回数のルックアップで3位、CDセールスとラジオで4位と、リリースから約5か月が経つが、いまだ高順位をキープする。映画の興行収入は381億円突破と、400億円達成も十分考えられるところまで来ている。

 トップ3には、前週4位だったYOASOBIの「怪物」(TVアニメ『BEASTARS』オープニング曲)が2位、前週5位だったEveの「廻廻奇譚」(TVアニメ『呪術廻戦』オープニング曲)が3位にチャートインした。

 前週14位だった優里の「インフィニティ」は、3月1日に放送された『CDTVライブ!ライブ!』で披露された影響からか、8位に上昇。TVアニメ『SK∞ エスケーエイト』のエンディングを飾る本曲を収録したシングルCDが3月10日に発売を迎えたため、フィジカル・ポイントが加算した次週のチャートでは、さらなる上昇が予想される。また、『呪術廻戦』の現オープニング曲であるWho-ya Extendedの「VIVID VICE」は、アコースティックver.のパフォーマンス映像がYouTubeで公開され、動画再生とTwitterの順位を伸ばして前週12位から9位へジャンプアップした。


◎【JAPAN HOT Animation】トップ10
1位「炎」LiSA
2位「怪物」YOASOBI
3位「廻廻奇譚」Eve
4位「虹」菅田将暉
5位「Universe」Official髭男dism
6位「紅蓮華」LiSA
7位「Grandeur」Snow Man
8位「インフィニティ」優里
9位「VIVID VICE」Who-ya Extended
10位「インフェルノ」Mrs. GREEN APPLE


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい