ホールジー、妊娠は100%計画していたと明かす 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ホールジー、妊娠は100%計画していたと明かす

Billboard JAPAN
ホールジー、妊娠は100%計画していたと明かす

ホールジー、妊娠は100%計画していたと明かす


 現地時間2021年3月1日、脚本家でプロデューサーのアレブ・アイディンとの間に第一子を妊娠中のホールジーが、自身のインスタグラム・ストーリーズに今回の妊娠は意図したものだと投稿した。

 「なぜ、不妊や妊娠について推測したり、判断を下すことがOKなのか?」とホールジーは綴り、「私の妊娠は100%計画したもので、このbb(ベイビー)を妊娠するために、一生懸命頑張りました。でも、この妊娠がサプライズであっても、私は同じように幸せだっと思います」と続けた。

 ホールジーは、1月下旬に虹色のビキニ・トップを着た写真を投稿し、妊娠していることを発表した。過去に流産しているホールジーにとって、生まれてくる赤ちゃんは”レインボー・ベイビー”となるが、彼女は虹色のビキニ・トップでそれを連想させているようだった("レインボー・ベイビー"とは、流産や死産などを経験した後に生まれてきた健康な赤ちゃんを指す)。

 2018年にホールジーは『The Doctors』のインタビューで妊娠していることを完全に受け入れる前にステージ上で流産したことを明かした。そして、不妊を引き起こす可能性がある子宮内膜症に苦しんでおり、2017年に手術を受けたこと、自身の卵子の凍結を決めたことを共有した。

 先月、ホールジーは自身のインスタグラム・ストーリーズで、手術でできた下腹部の傷跡を誇らしげに披露した。彼女は#endowarriorとうハッシュタグを付けて、「この天使を私に授けてくれた傷跡」と綴っていた。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい