<ライブレポート>Roselia・RAISE A SUILEN 共闘の一夜をお届け 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

<ライブレポート>Roselia・RAISE A SUILEN 共闘の一夜をお届け

Billboard JAPAN
<ライブレポート>Roselia・RAISE A SUILEN 共闘の一夜をお届け

<ライブレポート>Roselia・RAISE A SUILEN 共闘の一夜をお届け


 キャラクターとリアルライブがリンクする次世代ガールズバンドプロジェクト・BanG Dream!(バンドリ!)のバンド・RoseliaとRAISE A SUILENの合同ライブ【Rausch und/and Craziness II】が、2021年2月22日、神奈川県・横浜アリーナにて開催された。

 2019年に行われた【Rausch und/and Craziness】以来の2度目となる合同ライブで、昨年12月12日には『バンドリ!』プロジェクトとして初となった無観客配信ライブ【Rausch und/and Craziness -interlude-】も開催されている。リアルライブに定評のある『バンドリ!』プロジェクト。それゆえに会場のファンの熱気も高く、開演前からBGMに合わせてペンライトを掲げたり手拍子をしたりと、オーディエンスのリアルライブへの期待が伺えた。

<RAISE A SUILEN>
 きらびやかなレーザー照明が注ぐなか、Raychell(Ba. & Vo.、レイヤ役)の歌声が響き渡り、先攻のRAISE A SUILENのステージがスタート。1月に発売されたばかりの新曲「mind of Prominence」を披露。お立ち台上でギタープレイを魅せる小原莉子(Gt.、ロック役)が疾走感のあるサウンドで会場を揺らしていく。

 「【Rausch und/and Craziness II】へようこそ! 全力で楽しんでいこうか! 楽しみたい奴、拳あげな、そこからハンドクラップ!」というRaychellの声に導かれ、「A DECLARATION OF ×××」へ。夏芽(Dr.、マスキング役)のパワフルなリズムと「RAISE YOUR HANDS, NOW!」コールの中、声を出せずとも拳をあげ手拍子に応じるオーディエンスたち。

 メンバー紹介を兼ねたソロパートでは、それぞれ得意のパフォーマンスで魅了したかと思えば、エレクトロニカなイントロと紡木吏佐(DJ、チュチュ役)のキュートな声から「HELL! or HELL?」へ。

 カバー曲「劣等上等」から、紡木のスクラッチプレイからの「JUST THE WAY I AM」では、Raychellと紡木によるボーカルのコンビネーションで会場のボルテージをさらに高めていく。

 そこから一転し、鍵盤を優雅に操る倉知玲鳳(Key.、パレオ役)にスポットライトがあたり「UNSTOPPABLE」へ。そして「REIGNING」とせつなく力強いナンバーが続けて投下し、「SOUL SOLDIER」では小原が激しく歪んだリフを刻み、さらに会場をヒートアップさせる。

 その勢いを殺すことなく、夏芽が渾身のドラミングを届けたかと思えば、「DRIVE US CRAZY」でコールができないオーディエンスにむけて「心の声で叫べ!」と呼びかけるRaychell、そして全身でオーディエンスの熱量を受け止めるメンバーたち。その姿に胸を打たれた者も多いだろう。ラストの「!NVADE SHOW!」ではインベイドポーズで盛り上げる。Raychellが「そんなんじゃRoselia出てこないよ!」と煽る、合同ライブならではの一幕も。自分たちがこれまで磨き上げてきたスキルと個性を武器に、堂々としたステージをみせてくれた。

 そして、幕間のスクリーンには、なんとDJチュチュの姿が! 彼女によるDJプレイで、転換中の短い時間ながらオーディエンスを沸かせてくれた。

<Roselia>
 ステージの幕がゆっくりとあがり、満を持してRoseliaの登場だ。ゴシックなステージセットも彼女たちの世界観を演出してくれる。

 工藤晴香(Gt.、氷川紗夜役)のギターから始まる荘厳なプログレ曲「Avant-garde HISTORY」でスタートし、続いて櫻川めぐ(Dr.、宇田川あこ役)のツーバスに圧倒される「FIRE BIRD」では炎の特攻が炸裂し、オーディエンスのペンライトが赤く灯り、会場中が真紅に染まる。スクリーンに映し出されたアニメーションのRoseliaと、ステージ上のRoseliaがリンクするような演出だ。

 相羽あいな(Vo.、湊友希那役)による、目の前にいるオーディエンス、そしてライブ・ビューイング参戦のオーディエンスへの感謝の言葉とメンバー紹介をはさみ、「私達が大切にしている言葉と音をもっと知りたい? 魂をかけて教えてあげる!」と、「PASSIONATE ANTHEM」へ。そして、カバー曲「シャルル」、「Song I am.」で会場を揺らす。

 「今日は、2月22日、“にゃんにゃんにゃんの日”ですにゃん! せっかくなのでにゃんにゃんにゃんで会話するにゃん!」と提案する工藤。「あこも賛成だにゃん!」と櫻川、「友希那のにゃんにゃん聞きたいにゃん!」と中島由貴(Ba.、今井リサ役)、さらに「友希那さん、おねがいしますにゃん!」と志崎樺音(Key.、白金燐子役)も続き、突如猫まみれに。

 クールビューティーな相羽は照れくさそうに「にゃにゃにゃ」と猫語を操りメンバーへの感謝の言葉を伝えると、オーディエンスからも大きな拍手が起こった。

 相羽が「これまでの時間とこれからの未来に感謝を込めて」と告げると、志崎の奏でる旋律から「Ringing Bloom」、「陽だまりロードナイト」、「Determination Symphony」のメドレーを届けた。そして「軌跡」を歌い上げ、初披露となる「Blessing Chord」では美しいハーモニーを響かせる。

 「私達にとって最高の始まりの曲」という相羽の言葉から「BLACK SHOUT」、そして「ZEAL of proud」でラストを飾ると、キラキラと煌く紙吹雪の舞い落ちる中、Roseliaのステージは幕を閉じた。

 アンコール前の幕間のスクリーンには、RAISE A SUILENとRoseliaのメンバーがミニキャラで登場。わちゃわちゃとした空気の中にお互いをリスペクトするトークで和ませてくれた。

 アンコールでは、まずRAISE A SUILENのメンバー全員とRoseliaの相羽が登場し「SAVIOR OF SONG」を披露。その後、告知をはさみRoseliaの楽器隊を呼び込むと、「EXPOSE ‘Burn out!!!’」、「熱色スターマイン」でコラボレーションし、大団円を迎えた。

 また、声優トレーディングカードシリーズ『Voice Actor Card Collection EX VOL.01 Roselia『Edel Rose』』の発売、RAISE A SUILEN初となるツアー【RAISE A SUILEN ZEPP TOUR 2021「BE LIGHT」】の開催を発表。そして待望の【BanG Dream! Special☆LIVE Girls Band Party! 2020】の振替公演の開催も発表されると、声の出せないなか、それぞれのやり方で喜びを表現する者が続出していた。

 RAISE A SUILEN、Roseliaによる共闘の一夜。今後のさらなる展開が期待せざるを得ない。


Text by 藤谷千明
Photos by 畑 聡、福岡諒祠(GEKKO)
(C)BanG Dream! Project(C)Craft Egg Inc.(C)bushiroad All Rights Reserved.

◎公演情報
【Roselia×RAISE A SUILEN合同ライブ「Rausch und/and Craziness II」】
2021年2月22日(月)横浜アリーナ
Roselia(相羽あいな、工藤晴香、中島由貴、櫻川めぐ、志崎樺音)、RAISE A SUILEN(Raychell、小原莉子、夏芽、倉知玲鳳、紡木吏佐)

【RAISE A SUILEN ZEPP TOUR 2021「BE LIGHT」】
2021年5月22日(土)Zepp Haneda
2021年6月2日(水)Zepp Nagoya
2021年6月30日(水)Zepp Namba


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい