ラスト・デイズ・オブ・エイプリル、約6年ぶりのAL『イーヴン・ザ・グッド・デイズ・アー・バッド』からタイトル曲公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ラスト・デイズ・オブ・エイプリル、約6年ぶりのAL『イーヴン・ザ・グッド・デイズ・アー・バッド』からタイトル曲公開

Billboard JAPAN
ラスト・デイズ・オブ・エイプリル、約6年ぶりのAL『イーヴン・ザ・グッド・デイズ・アー・バッド』からタイトル曲公開

ラスト・デイズ・オブ・エイプリル、約6年ぶりのAL『イーヴン・ザ・グッド・デイズ・アー・バッド』からタイトル曲公開


 カール・ラーソンによるスウェーデンのロック・バンド、ラスト・デイズ・オブ・エイプリルが、2015年の『Sea of Clouds』に続く10枚目のアルバム『イーヴン・ザ・グッド・デイズ・アー・バッド』を<Tapete Records>よりリリースする。

 アルバムの制作は2019年にスタート。長年のリズム・セクションであるMagnus Olsson(Dr)とRikard Lidhamn(B)を加え、バンド自身やザ・ハイヴス等も使用するストックホルムの伝説的なスタジオ、Grondahlでレコーディングは行われた。全てがテープでアナログ・レコーディングされ、Frans Hagglundがエンジニアを担当。バンドのコラボレーターでもあるFredrik Hermanssonもメロトロンで参加した。

 その後、レコーディングされた素材はラーソンの自宅のスタジオへ持ち込まれ、そこでオーヴァーダブがなされた。ラーソンはタイトル・トラックで「新しい物を欲しがる / 新しいものは古くなる / 価値はあるのだろうか? / わからない」と歌うが、この作品には新旧が同時に存在する。煌めくギター、曲がりくねったシンセ、パンチの効いたドラム、磨き上げられたアナログ・プロダクション、脆弱ながらも弾力性のあるヴォーカル、これらが響く瞬間は、完全にクラシックでありながら、タイムリーでタイムレスである。

◎リリース情報
『イーヴン・ザ・グッド・デイズ・アー・バッド』
2021/5/12 RELEASE
TR483CDJ / 2,300円(plus tax)
<トラックリスト>
1. Even The Good Days Are Bad
2. Run Run Run
3. Had Enough
4. Turbulence
5. Alone
6. Hopeless
7. Anything
8. Downer


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい