【米ビルボード・アルバム・チャート】モーガン・ウォレン6週連続首位、デュア・リパがTOP10返り咲き 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【米ビルボード・アルバム・チャート】モーガン・ウォレン6週連続首位、デュア・リパがTOP10返り咲き

Billboard JAPAN
【米ビルボード・アルバム・チャート】モーガン・ウォレン6週連続首位、デュア・リパがTOP10返り咲き

【米ビルボード・アルバム・チャート】モーガン・ウォレン6週連続首位、デュア・リパがTOP10返り咲き


 モーガン・ウォレンの『デンジャラス:ザ・ダブル・アルバム』が6週目の首位をキープした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 前週から38%減少したが、2位以下と大差の93,000ユニットを記録して今週もトップを維持した『デンジャラス:ザ・ダブル・アルバム』。ユニットの内訳、81,000がアルバム・ストリーミング(SEA)で、週間再生数は1億1,211万回を記録。トラックごとのユニット(TEA)も2,000とストリーミングは依然好調だが、アルバム・セールスは74%減少の10,000まで落ち込んでいる。

 初登場から6週連続で1位をキープしたのは、昨年の8月8日から9月12日まで、同6週 (通算記録は8週) を記録したテイラー・スウィフトの『フォークロア』以来約半年ぶりで、男性アーティストでは2016年5月21日から7月16日までの9週(通算記録は13週) を記録した、ドレイクの『ヴューズ』以来、約5年ぶりの快挙となる。

 男性カントリー・シンガーのアルバムが通算6週以上首位を獲得したのは、1995年1月7日から2月4日、2月18日から3月4日の計8週を記録した、ガース・ブルックスのベスト盤『ザ・ヒッツ』以来約26年ぶりで、初登場から6週以上で1位を獲得したのは、1992年10月10日から11月14日までの同6週を記録した、同じくガース・ブルックスのスタジオ・アルバム『果てなき野望』以来、約28年ぶりとなる。

  先週2位に初登場したザ・ウィークエンドのコンピレーション・アルバム『ザ・ハイライツ』は、2週目のユニット数が65%減少の31,000まで落ち込み、8位にランクダウンした。一方、先週37位に急落した『アフター・アワーズ』は、前週から183%増加の42,000ユニットまで上昇して、今週2位に再浮上している。本作が2位まで上昇したのは、2020年5月2日付チャート以来、約10か月ぶり。

 Billboard 200では、複数のアルバムに収録された曲のポイントは、その週にアクティビティが最も多い作品に割り当てられるというルールがある。両アルバムに収録されているヒット・シングル「ブラインディング・ライツ」と「セイヴ・ユア・ティアーズ」のユニットは、今週アクティビティが多かった『アフター・アワーズ』に加算されたため、『アフター・アワーズ』が上昇し、『ザ・ハイライツ』のユニットは減少した。

 3位は、先週の5位から再浮上したリル・ダークの『ザ・ボイス』(40,000ユニット)が、4位はポップ・スモークの『シュート・フォー・ザ・スターズ、エイム・フォー・ザ・ムーン』(38,000ユニット)が6位から2ランクアップして上昇。先週4位に初登場したPooh Shiestyのデビュー・ミックステープ『Shiesty Season』は、40%減少の37,000までユニット数を落とし、5位に下降した。なお、先週3位にデビューしたフー・ファイターズの『メディスン・アット・ミッドナイト』は、2週目でTOP10圏外までランクダウンしている。

 今週TOP10に初登場した作品はないが、テイラー・スウィフトの『エヴァーモア』が11位から6位に、デュア・リパの『フューチャー・ノスタルジア』が21位から7位に再ランクインを果たした。

 『エヴァーモア』は、カセット版の発売に加え、2008年リリースの2ndアルバム『フィアレス』の再録版を4月にリリースすると2月10日に発表し、そのプロモーション効果によりユニット数が16%増加した。33,000ユニットのうち12,000がアルバム・セールスで、売り上げは前週から70%も上昇している。

 『フューチャー・ノスタルジア』は、2月12日に未発表曲6タイトルを追加したデラックス盤『ザ・ムーンライト・エディション』がリリースされ、新曲のストリーミングなどが上昇し、ユニット数が58%も増加した(32,000)。デラックス盤からのシングル「We’re Good」は、最新のポップ・エアプレイ・チャートで31位にデビューしている。


Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは、2月26日以降掲載予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『デンジャラス:ザ・ダブル・アルバム』モーガン・ウォレン
2位『アフター・アワーズ』ザ・ウィークエンド
3位『ザ・ボイス』リル・ダーク
4位『シュート・フォー・ザ・スターズ、エイム・フォー・ザ・ムーン』ポップ・スモーク
5位『Shiesty Season』Pooh Shiesty
6位『エヴァーモア』テイラー・スウィフト
7位『フューチャー・ノスタルジア』デュア・リパ
8位『ザ・ハイライツ』ザ・ウィークエンド
9位『ポジションズ』アリアナ・グランデ
10位『レジェンズ・ネヴァー・ダイ』ジュース・ワールド


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい