【先ヨミ】NCT 127『LOVEHOLIC』147,923枚を売り上げアルバム首位走行中 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ】NCT 127『LOVEHOLIC』147,923枚を売り上げアルバム首位走行中

Billboard JAPAN
【先ヨミ】NCT 127『LOVEHOLIC』147,923枚を売り上げアルバム首位走行中

【先ヨミ】NCT 127『LOVEHOLIC』147,923枚を売り上げアルバム首位走行中


 今週のCDアルバム売上レポートから2021年2月15日~2月17日の集計が明らかとなり、NCT 127の『LOVEHOLIC』が147,923枚を売り上げて首位を走っている。

 本作はNCT 127にとって約1年10か月ぶりとなる日本オリジナル作品で、1月27日に先行配信された「First Love」や、韓国で2020年3月にリリースされたアルバム『NCT #127 NEO ZONE』の収録曲「英雄; Kick It」など、全6曲が収録されている。本作は初動3日間で147,923枚を売り上げており、2018年にリリースした前ミニ・アルバム『Chain』の初週売上51,058枚を3倍近く上回る数字を記録している。

 2位には、Nintendo Switch用ビデオゲーム『ファイアーエムブレム 風花雪月』のオリジナル・サウンドトラックが登場。CD6枚組+DVD-ROM 1枚からなる本作の総収録時間は8時間越えという大ボリューム作品だ。続いて『アイドルマスター シャイニーカラーズ』より、Team.Lunaのアルバムがトップ3入り。本作には、Team.Lunaの楽曲「リフレクトサイン」と各メンバーのソロ8曲の計9曲が収録されている。

 2021年2月22日付(集計期間:2021年2月8日~2月14日)の週間アルバム・セールス・チャートで1位を獲得したSEKAI NO OWARIの『SEKAI NO OWARI 2010-2019』は、リリース2週目前半も5,962枚を売り上げ4位を走行中。5位には、Coccoの11thアルバム『クチナシ』が続いている。同作のサウンド・プロデュースを、Coccoの作品を多く手掛ける根岸孝旨と、初参加となる河野圭が担当している。

 
◎Billboard JAPAN アルバムセールス集計速報
(集計期間:2021年2月15日~2月17日)
1位『LOVEHOLIC』NCT 127(147,923枚)
2位『ファイアーエムブレム 風花雪月 オリジナル・サウンドトラック』ゲーム・ミュージック(9,515枚)
3位『THE IDOLM@STER SHINY COLORS COLORFUL FE@THERS -Luna-』Team.Luna(8,874枚)
4位『SEKAI NO OWARI 2010-2019』SEKAI NO OWARI(5,962枚)
5位『クチナシ』Cocco(4,228枚)

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい