【ビルボード】優里「ドライフラワー」ストリーミング3連覇 Ado「うっせぇわ」初トップ3入り 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】優里「ドライフラワー」ストリーミング3連覇 Ado「うっせぇわ」初トップ3入り

Billboard JAPAN
【ビルボード】優里「ドライフラワー」ストリーミング3連覇 Ado「うっせぇわ」初トップ3入り

【ビルボード】優里「ドライフラワー」ストリーミング3連覇 Ado「うっせぇわ」初トップ3入り


 2021年2月15日付(集計期間:2021年2月1日~2月7日)のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”で、優里の「ドライフラワー」が首位を獲得した。

 「ドライフラワー」はこれで3連覇となり、チャートインは15週目を記録する。再生回数は12,726,444回で、前週比96%の推移となった。4週連続のピーク更新とはならなかったが、優里は2月12日にテレビ朝日系『ミュージックステーション』の出演が決まっており、これ次週チャートに影響し、再生回数を増加させる可能性は高い。

 チャートイン25週目を迎えたBTSの「Dynamite」は、10,801,285回再生を記録して2位。そして、前週4位だったAdoの「うっせぇわ」が順位を一つ上げて、自身最高となる3位に入った。再生回数も2020年12月7日付で初登場して以降、一度も減少させることなく、当週もピーク更新となる10,196,172回を記録している。前週比は107%で、自身初の1,000万回超えだ。Adoは2月5日深夜の日本テレビ系『バズリズム02』に“10代が選ぶ注目の10代アーティスト”として出演。その話題性がチャート・アクションを活性化させた要因の一つだと思われる。

 4週連続で3位をキープしていたYOASOBIの「夜に駆ける」は、1ランク・ダウンして4位をマーク。再生回数は前週比93%となる10,155,862回を記録した。続く5位はLiSAの「炎」で、再生回数は前週比90%となる7,570,746回に。YOASOBIは、TVアニメ『BEASTARS』の第2期オープニング・テーマである最新シングル「怪物」が6位に入っており、再生回数は7,046,606回を記録。前週比101%と微増してピークを更新した。

 Awesome City Clubが1月27日にリリースし、前週58位にデビューした新曲「勿忘」は、最初の1週間を迎えた当週、大きくジャンプアップして14位に。同曲は、菅田将暉と有村架純のダブル主演映画『花束みたいな恋をした』のインスパイア・ソングで、メンバーのPORINも本人役として出演している。1月29日に公開された映画は、興行通信社によると初週土日2日間の動員は13万3,000人、興業収入は1億9,100万円をマークして、動員ランキング初登場1位を獲得。さらに翌週もトップの座を守って2連覇を達成した。「勿忘」の好調なチャート・アクションは、映画のヒットが楽曲の注目度にも波及した結果といえるだろう。

 また、当週トップ100にデビューした楽曲としては、ドラマ『君と世界が終わる日に』の主題歌である菅田将暉の新曲「星を仰ぐ」が43位で最高位となった。


◎【Streaming Songs】トップ10
1位「ドライフラワー」優里(12,726,444回再生)
2位「Dynamite」BTS(10,801,285回再生)
3位「うっせぇわ」Ado(10,196,172回再生)
4位「夜に駆ける」YOASOBI(10,155,862回再生)
5位「炎」LiSA(7,570,746回再生)
6位「怪物」YOASOBI(7,147,304回再生)
7位「廻廻奇譚」Eve(6,645,994回再生)
8位「群青」YOASOBI(5,847,487回再生)
9位「アンコール」YOASOBI(5,616,917回再生)
10位「虹」菅田将暉(5,555,564回再生)

※()内はストリーミング再生回数。
※総合ソング・チャート“HOT 100”のストリーミング指標と動画再生指標およびストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”では、一部サービスにおけるデータを無料ストリーミングと有料ストリーミングで分けて集計し、それぞれ異なる係数を乗じているため、再生回数の合算によるランキングとは異なる場合があります。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい