実はストリーミング向き?! Snow Manの特性とは 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

実はストリーミング向き?! Snow Manの特性とは

Billboard JAPAN
実はストリーミング向き?! Snow Manの特性とは

実はストリーミング向き?! Snow Manの特性とは


 今週のHot 100でSnow Manの「Grandeur」が4位を記録している(【表1】)。フィジカルのCDリリースタイミングの先週2/1付では首位だったのでランクダウンしているが、それでもベスト5に残っているのはさすがだ。彼らはダウンロードやストリーミングなどの配信を行っていないため、それらのポイントが加算されないことは不利なはず。しかし、それでも強豪と対等に順位をキープしているのは頼もしい。

 一般的にジャニーズ関連は、瞬発力はあってもロングヒットになることはそれほど多くはない。裏を返せば、コアファンの数は多いが、ダウンロードやストリーミングで解禁されていない曲が多いため、一般的なヒット曲になりづらいということでもある。ただ、Snow Manの動きを見ていると、そういったハンディも解消できるのではないかと思える。というのも、その兆候が動画再生数の推移に見られるからだ。

 「Grandeur」のMVは12月23日に公開されている。そのため、Hot 100でもリリースに先駆けて1/4付の動画再生数が3位を記録しており、少しなだらかに下降しているとはいえ、今週も13位と上位をキープしている。この数字には、おそらくCDを購入していないファンの貢献度も高いだろうし、購入していても何度も動画を見ていることだろう。もしかしたら買ったCDを聴かずに、YouTubeで楽しんでいるというファンもいるのではないだろうか。そうだとすると、まさにストリーミングに近い楽しみ方をしていると言ってもいい。ストリーミング解禁することによって、ファン層の裾野を広げることができれば、一般的な音楽ファンへの浸透度もさらに深まるのではないだろうか。

 ジャニーズの固定ファンを大切にするやり方は見事だが、先陣を切った嵐のように、もっとストリーミング時代に即した新しい施策も必要だろう。その突破口を打ち破るのは、Snow Manなのかもしれない。Text:栗本斉

◎栗本斉:旅&音楽ライター、選曲家。レコード会社勤務の傍ら、音楽ライターやDJとして活動を開始。退社後、2年間中南米を放浪し、現地の音楽を浴びる。その後フリーランスとして活動した後、2008年から2013年までビルボードライブのブッキングマネージャーに就任。フリーランスに戻り、雑誌やライナーノーツなどの執筆や音楽評論、ラジオやストリーミングサービスにおける構成選曲などを行っている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい