ケリー・ローランド、第2子となる男の子が誕生「心から感謝しています」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ケリー・ローランド、第2子となる男の子が誕生「心から感謝しています」

Billboard JAPAN
ケリー・ローランド、第2子となる男の子が誕生「心から感謝しています」

ケリー・ローランド、第2子となる男の子が誕生「心から感謝しています」


 現地時間2021年1月30日、ケリー・ローランドと夫ティム・ウェザースプーンに第2子となる男の子が誕生したことが明らかになった。

 現在39歳のケリーは、「21世紀の21年目の年の21日目にノア・ジョン・ウェザースプーンが私たちのもとにやってきました!私たちは心から感謝しています」と綴り、6歳の長男タイタンがノアに微笑みかける、愛らしい写真とともに第2子の誕生を発表した。彼女によると、赤ちゃんは1月21日の午後8時13分に生まれ、身長は19インチ(約48.26センチ)で、体重は7ポンド8オンス(約3538グラム)だったそうだ。

 昨年10月に米ウィメンズヘルス誌の巻頭特集で第2子の妊娠を発表したケリーは、同誌のインタビューでパンデミック中に赤ちゃんを授かったことについて語っていた。「(また子供を作ることについて夫と)なんとなく話はしていたのだけれど、そしたらCOVIDが起こったので、“様子を見ましょう”という感じだった」と述べた彼女は、「オーマイガッド、自分のファンをガッガリさせてしまうのでは思った……みんなは先にアルバムをリリースして欲しかったはずなのに、赤ちゃんが生まれることになるなんて!なので“両方提供できるように、どうにかしなきゃ”って考えた」と振り返っている。

 また彼女は、新型コロナウイルスが世界的に猛威を振るい、多くの人々が苦しむ中、妊娠を公表することに少し抵抗があったとも明かしている。「けれど命が大切であるということを人々に覚えていてもらいたい」とケリーは述べ、「そして赤ちゃんを妊娠できるということ……私は来年2月に40歳になります。自分の体を大切にするのは私にとって重要なことです」と話していた。

 その後、数か月間にわたり、彼女はふっくらとしたお腹が見える写真や動画をSNSに度々投稿し、妊娠中の様子をファンと共有していた。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい