坂本龍一、コンプリートアートボックス『2020S』連載VOL.4を公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

坂本龍一、コンプリートアートボックス『2020S』連載VOL.4を公開

Billboard JAPAN
坂本龍一、コンプリートアートボックス『2020S』連載VOL.4を公開

坂本龍一、コンプリートアートボックス『2020S』連載VOL.4を公開


 坂本龍一が、2021年3月30日にリリースとなるコンプリートアートボックス『2020S』の制作過程を追う連載「BEHIND THE SCENE VOL.4」を公開した。

 今回は、LPや「陶片のオブジェ」などを収納する木箱を制作した宮崎県・諸塚村の製作関係者にインタビュー。諸塚村は、more treesと建築家・隈研吾のコラボレーションで話題となった「つみき」の材料のスギの森林があり、同村で「つみき」の加工も行われている。「日本の精神性を象徴する存在」として、坂本龍一自ら「more treesの木を利用したい」と発案し、『2020S』のボックスデザインには木箱が採用された。



◎連載情報
BEHIND THE SCENE VOL.4 2020S 箱制作チーム from 宮崎県諸塚村 インタビュー
※特設サイトにて公開
https://bit.ly/3ox6OV4

◎リリース情報
コンプリートアートボックス『2020S』
2021/3/30 RELEASE
<12inch盤×5枚+7inch盤×2枚>
RZZ1-77186~92 200,000円(tax out)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい