【先ヨミ】すとぷり・ころんの1stアルバム『アスター』72,972枚を売り上げ現在首位 ボイメン、SUPER JUNIORが続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ】すとぷり・ころんの1stアルバム『アスター』72,972枚を売り上げ現在首位 ボイメン、SUPER JUNIORが続く

Billboard JAPAN
【先ヨミ】すとぷり・ころんの1stアルバム『アスター』72,972枚を売り上げ現在首位 ボイメン、SUPER JUNIORが続く

【先ヨミ】すとぷり・ころんの1stアルバム『アスター』72,972枚を売り上げ現在首位 ボイメン、SUPER JUNIORが続く


 今週のCDアルバム売上レポートから2021年1月25日~1月27日の集計が明らかとなり、ころんの『アスター』が72,972枚を売り上げて首位を走っている。

 すとぷりのころんの1stフル・アルバム『アスター』には、自身が作詞を手掛けた「敗北ヒーロー」や「敗北の未来地図」のほか、みきとPによる「だいよげん」、蝶々Pによる「Monopolize」、ピノキオピーによる「404」など、全14曲が収録されている。現在2位以下にダブルスコア以上の差をつけて1位を走っている。

 2位にはBOYS AND MENの『BOYMEN the Universe』(32,863枚)が登場。3年ぶりのオリジナル・アルバムのリード曲「どえりゃあJUMP!」やアルバムのビジュアル・アートワークなど、今作のトータル・プロデュースをつんく♂が務めている。続いて、SUPER JUNIORの7年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『Star』が、20,954枚を売り上げ3位を走っている。

 4位にはヨルシカの『創作』が17,589枚を売り上げて速報トップ5入り。本作は5曲収録されたCDが入っている<Type A>と、“CDのないCD”というメディアアート作品として、中身が空の<Type B>の2形態で発売。<Type A>のCDには、大成建設のCMソング「春泥棒」、TBS系『NEWS23』のエンディング・テーマ「風を食む」など、春をテーマにした楽曲が収録されている。

 そして、TREASUREの韓国盤1stアルバム『THE FIRST STEP : TREASURE EFFECT』が14,991枚を売り上げ現在5位を走行中。全編日本語バージョンが収録される日本デビュー盤は、3月31日にリリースされる。

 
◎Billboard JAPAN アルバムセールス集計速報
(集計期間:2021年1月25日~1月27日)
1位『アスター』ころん(72,972枚)
2位『BOYMEN the Universe』BOYS AND MEN(32,863枚)
3位『Star』SUPER JUNIOR(20,954枚)
4位『創作』ヨルシカ(17,589枚)
5位『THE FIRST STEP : TREASURE EFFECT』TREASURE(14,991枚)

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい