セレーナ・ゴメス、自身初となるスペイン語EPを3/12にリリース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

セレーナ・ゴメス、自身初となるスペイン語EPを3/12にリリース

Billboard JAPAN
セレーナ・ゴメス、自身初となるスペイン語EPを3/12にリリース

セレーナ・ゴメス、自身初となるスペイン語EPを3/12にリリース


 セレーナ・ゴメスが、自身初となるスペイン語EP『Revelacion』を2021年3月12日にリリースすることを発表した。EPには、1月16日に発売されたシングル「De Una Vez」と今週金曜日に解禁される新曲「Baila Conmigo feat. Rauw Alejandro」などが収録される。

 セレーナは、「私にとって初めてのスペイン語EP“Revelacion”が3月12日に発売されます。米太平洋時間で明日午前9時からプレオーダー可能です」とリリースを明らかにしている。タイトルは、啓示などを意味する英語“Revelation”のスペイン語となっている。

 この前日、セレーナはタイニーがプロデュースした新曲「Baila Conmigo feat. Rauw Alejandro」を1月29日にリリースすることを自身のSNSで発表していた。その際、彼女がピッタリとしたドレスに身を包み、赤味がかったオレンジのスポットライトの中でポーズするアートワークも公開されていた。

 タイニー、アルバート・ハイプ、ホタ・ロサ、ネオン16がプロデュースした、セレーナにとって約10年ぶりのスペイン語シングル「De Una Vez」は、1月30日付の米ビルボード・ラテン・ソング・チャート“Hot Latin Songs”で4位に初登場した。彼女が同チャートでTOP5入りするのは、カーディ・B、オスナとゲスト参加したDJスネイクの「Taki Taki」以来約2年ぶり、2度目となる。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい