アダム・ランバート、LGBTQ+の祭典【ストーンウォール・デイ 2021】の司会とキュレーションを担当 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アダム・ランバート、LGBTQ+の祭典【ストーンウォール・デイ 2021】の司会とキュレーションを担当

Billboard JAPAN
アダム・ランバート、LGBTQ+の祭典【ストーンウォール・デイ 2021】の司会とキュレーションを担当

アダム・ランバート、LGBTQ+の祭典【ストーンウォール・デイ 2021】の司会とキュレーションを担当


 今年で4回目となる、プライド・ライブが主催する【ストーンウォール・デイ・コンサート】の司会とキュレーションを、アダム・ランバートが務めることが発表された。昨年に引き続き、今年もオンラインで開催されるLGBTQ+の祭典は、ランバートのLGBTQ+支援NPO、Feel Something Foundationと共同で6月6日に行われる予定だ。

 自身のTwitterに投稿した動画で彼は、音楽パフォーマンスやゲスト出演などが含まれるという【ストーンウォール・デイ 2021】について、「とてもワクワクしています。ストーンウォール・デイは、LGBTQムーブメントの始まりとされる1969年のストーンウォールの反乱の記念日を毎年祝うものです。ストーンウォール・デイは、平等のために戦い続けるNPOが必要とする援助を届けています」とコメントしている。

 6月の本番に先立ち、2月18日と4月22日に【ストーンウォール・アンプラグド】と題されたプレ・イベントも開催される。ランバートがスペシャル・ゲストと共に、“ストーンウォール・デイ、ストーンウォールのレガシー、現代の出来事、そして注目の新人LGBTQ+アーティスト”などについてトークを繰り広げるとプレス・リリースに記載されている。

 ランバートが選んだラインナップとなる【ストーンウォール・デイ 2021】の出演者は、彼のSNSで順次発表される。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい