【ビルボード】Ado「うっせぇわ」で自身初のDLソング首位、YOASOBI「優しい彗星」が2位に続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】Ado「うっせぇわ」で自身初のDLソング首位、YOASOBI「優しい彗星」が2位に続く

Billboard JAPAN
【ビルボード】Ado「うっせぇわ」で自身初のDLソング首位、YOASOBI「優しい彗星」が2位に続く

【ビルボード】Ado「うっせぇわ」で自身初のDLソング首位、YOASOBI「優しい彗星」が2位に続く


 2021年2月1日付(集計期間:2021年1月18日~1月24日)のBillboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”で、Adoの「うっせぇわ」が、19,683ダウンロード(DL)を売り上げて、前週13位から1位へ浮上し、自身初のNo.1に輝いた。

 昨年10月23日にリリースされた「うっせぇわ」は、同11月9日付の“Download Songs”で91位に初登場し、その後コンスタントに順位を上げ続けて、チャートイン13週目となる当週、遂に首位の座についた。Adoは、1月22日放送の『ミュージックステーション』に電話インタビューで登場し、初めてTV出演しことで話題になっていた。他指標でも軒並みランクアップしており、総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”では、最高位を10位から6位へと更新した。

 その「うっせぇわ」とおよそ1,000DL差で2位に初登場したのは、1月20日に配信されたYOASOBIの「優しい彗星」。TVアニメ『BEASTARS』のエンディング・テーマに起用されている同曲は、3月24日に『怪物/優しい彗星』としてCDリリースも決定している。「優しい彗星」がチャートインしたことにより、YOASOBIは「怪物」(4位)、「夜に駆ける」(5位)、「アンコール」(10位)の計4曲がトップ10入りする結果となった。

 同じく1月20日に先行配信がスタートした乃木坂46の26thシングル「僕は僕を好きになる」は、11,935DLを獲得して6位デビューを飾った。1月27日にフィジカル盤が発売され、そのプロモーション効果による次週のチャート・アクションにも注目だ。

 前週11位に初登場したWho-ya ExtendedによるTVアニメ『呪術廻戦』第2クールのオープニング・テーマ「VIVID VICE」は、当週8位に上昇してトップ10入りを果たした。なお、同アニメの第1クールのオープニングで、ロングヒットを続けているEveの「廻廻奇譚」は当週11位についており、チャートイン17週目にしてトップ20圏内をキープしている。



◎【Download Songs】トップ10
1位「うっせぇわ」Ado(19,683ダウンロード)
2位「優しい彗星」YOASOBI(18,601ダウンロード)
3位「炎」LiSA(13,991ダウンロード)
4位「怪物」YOASOBI(13,974ダウンロード)
5位「夜に駆ける」YOASOBI(12,919ダウンロード)
6位「僕は僕を好きになる」乃木坂46(11,935ダウンロード)
7位「Dynamite」BTS(11,771ダウンロード)
8位「VIVID VICE」Who-ya Extende(10,229ダウンロード)
9位「ドライフラワー」優里(9,758ダウンロード)
10位「アンコール」YOASOBI(9,363ダウンロード)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい