あら恋×アフロ(MOROHA)が描く、叙情と激情の狭間で描く東京の現在「日々 feat.アフロ」リリース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あら恋×アフロ(MOROHA)が描く、叙情と激情の狭間で描く東京の現在「日々 feat.アフロ」リリース

Billboard JAPAN
あら恋×アフロ(MOROHA)が描く、叙情と激情の狭間で描く東京の現在「日々 feat.アフロ」リリース

あら恋×アフロ(MOROHA)が描く、叙情と激情の狭間で描く東京の現在「日々 feat.アフロ」リリース


 あらかじめ決められた恋人たちへが、アフロをゲストに迎えた楽曲「日々 feat.アフロ」をリリースした。

 2021年最初のリリースとなる本作は、2人組ユニット“MOROHA”のMCを務めるアフロをゲストに迎えたコラボレーションシングル。未曾有の事態の中、それでも続く人々の営みを叙情の“音”と激情の“声”で綴る10分超の抒情詩だ。1月27日から大手ストリーミング・サービスでの配信が開始されるほか、Bandcampではハイレゾ(48kHz/24bit)バージョンを販売。また、あら恋オフィシャルショップ限定でCD版もリリースされる。

 本楽曲は、2019年にリリースされたあら恋のアルバム『……(リーダー)』のエンディング・トラックである「日」にアフロが詩を書き下ろし、リアレンジと再ミックスを施した上で「日々」として生まれ変わらせたもの。

 池永とのやり取りを経て完成に至ったアフロの詩は、2020年から続くコロナ禍の日本を、真正面から描写。不測の事態に動揺する社会の中でも止まらない人々の営みに想いを馳せながら、改めて「生きる意味」を問い直していく内容だ。身近な他者だけでなく、己を励ますかのように徐々に熱を帯びていく彼のリーディング・スタイルは、ホームであるMOROHAと世界観を共有しつつも、優しさに満ちたものである。

 10分という尺をフルに使って淡々とレイヤーを重ねていくあら恋のウォール・オブ・ノイズ・サウンドも、ライブバンドとしての充実が窺えるスリリングな生演奏が主体となっている。そこにアフロの詩と声を活かすための丁寧なアレンジが加えられ、原曲Ver.より懐の深い音像を創り出すことに成功。和合亮一、ハチスノイト、吉野寿(eastern youth)、曽我部恵一(サニーデイ・サービス)など、名うての詩人/ボーカリストとのコラボレートを行いながらその確度を高めてきたあら恋の“声”との融合が、ひとつの結実を見た形となった。

 ライブで共演するなど、以前から交流のあったあら恋とアフロがタッグを組み、まだまだ混乱の真っ只中にある2021年を“はじめる”ために制作された「日々」。大きなトピックの中で忘れられがちな「取るに足らない生活」の意義を、普遍性をもって鮮やかに表現した抒情詩がここに誕生した。


◎配信リリース情報
「日々feat.アフロ」
2021/1/27 RELEASE


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい