【ビルボード】BTS「Dynamite」12度目のストリーミング首位 優里「ドライフラワー」再生回数のピーク更新 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】BTS「Dynamite」12度目のストリーミング首位 優里「ドライフラワー」再生回数のピーク更新

Billboard JAPAN
【ビルボード】BTS「Dynamite」12度目のストリーミング首位 優里「ドライフラワー」再生回数のピーク更新

【ビルボード】BTS「Dynamite」12度目のストリーミング首位 優里「ドライフラワー」再生回数のピーク更新


 2021年1月25日付(集計期間:2021年1月11日~1月17日)のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”で、BTSの「Dynamite」が首位を獲得した。

 これで「Dynamite」は22週目のチャートイン、首位獲得は通算12度目、6週連続を記録した。再生回数は前週比97%の11,453,437回で、依然として高水準を維持している。最近ではアナウンサーの桝太一や永島優美、お笑い芸人のおばたのお兄さん、お笑いトリオの四千頭身らが“踊ってみた”を披露して話題を呼んだ。

 前週から引き続き2位の優里の「ドライフラワー」は、前週比109%の11,077,902回再生を記録。1月4日付に記録した10,403,881回を上回り、自身のピークを更新した。「Dynamite」との差も大きく縮め、初の首位獲得も十分に狙える勢いと言える。なお優里は、TVアニメ『SK∞ エスケーエイト』のエンディング・テーマとして書き下ろした新曲「インフィニティ」を1月23日にリリースする。

 1月6日にEP『THE BOOK』をリリースし、前週8曲を100位内に送り込んだYOASOBIは、当週も同じ8曲がチャートイン。さらに「群青」が11位から7位、「怪物」が40位から8位、「ハルジオン」が15位から10位、「ハルカ」が19位から15位、「アンコール」が30位から18位、「たぶん」が26位から22位、「あの夢をなぞって」が41位から34位となり、3位の「夜に駆ける」を除く7曲が前週からランクアップした。なかでも1月10日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』の企画「売れっ子プロデューサーが選ぶ2020・年間ベスト10」で川谷絵音が6位に選んだ「群青」は、15週ぶりのトップ10入り、そして現在放送中のTVアニメ『BEASTARS』の第2期オープニング・テーマである「怪物」は、チャートイン2週目にして同じくトップ10入りを果たしている。

 当週トップ5の並びは前週から変動せず、4位にはLiSAの「炎」、5位には菅田将暉の「虹」が入った。前週23位から当週12位にジャンプアップしたのは、現在18歳のシンガー、Adoが2020年10月にリリースしたユニバーサルミュージックからのデビュー曲「うっせぇわ」で、再生回数は前週比140%の4,635,629回となった。また同曲は、YouTubeのUGC動画を集計対象としたチャート“Top User Generated Songs”では、1月18日付で初の首位を獲得しており、ユーザーの聴取行動だけではなく、積極的な楽曲使用が窺える1曲でもある。


◎【Streaming Songs】トップ10
1位「Dynamite」BTS(11,453,437回再生)
2位「ドライフラワー」優里(11,077,902回再生)
3位「夜に駆ける」YOASOBI(10,929,013回再生)
4位「炎」LiSA(8,949,454回再生)
5位「虹」菅田将暉(5,914,259回再生)
6位「廻廻奇譚」Eve(5,835,348回再生)
7位「群青」YOASOBI(5,468,326回再生)
8位「怪物」YOASOBI(5,295,838回再生)
9位「Make you happy」NiziU(5,133,995回再生)
10位「ハルジオン」YOASOBI(4,761,880回再生)

※()内はストリーミング再生回数。
※総合ソング・チャート“HOT 100”のストリーミング指標と動画再生指標およびストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”では、一部サービスにおけるデータを無料ストリーミングと有料ストリーミングで分けて集計し、それぞれ異なる係数を乗じているため、再生回数の合算によるランキングとは異なる場合があります。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい