ビー・ジーズのバリー・ギブ、海外メディア絶賛の新作でソロ初の全英1位を獲得 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ビー・ジーズのバリー・ギブ、海外メディア絶賛の新作でソロ初の全英1位を獲得

Billboard JAPAN
ビー・ジーズのバリー・ギブ、海外メディア絶賛の新作でソロ初の全英1位を獲得

ビー・ジーズのバリー・ギブ、海外メディア絶賛の新作でソロ初の全英1位を獲得


 ビー・ジーズのバリー・ギブが1月8日にリリースしたニューアルバム『グリーンフィールズ:ザ・ギブ・ブラザーズ・ソングブック Vol. 1』が、全英アルバム・チャートで初登場1位を獲得した(2021.1.15付)。

 ビー・ジーズではこれまでに5曲のシングルと1979年のアルバム『失われた愛の世界』(原題:Spirits Having Flown)で全英1位を獲得しているが、ソロとしては今回が初の全英No.1アルバム。バリー・ギブは「人生で最高の瞬間だ」とコメントしている。

 本作は「愛はきらめきの中に」、「失われた愛の世界」、「ラヴ・サムバディ」、「ジャイヴ・トーキン」などのビー・ジーズの名曲を、ドリー・パートン、オリビア・ニュートン・ジョン、シェリル・クロウ、アリソン・クラウス、キース・アーバン、ジェイソン・イズベル、リトル・ビッグ・タウン、ミランダ・ランバート、ブランディ・カーライル、ギリアン・ウェルチらアメリカ音楽界を代表するアーティストとコラボレーションした作品。海外メディアは下記のようなアルバム評やコメントをしている。



バリー・ギブの声には悲しみと切迫感がある。(Variety紙)

繊細で美しいアレンジが施された曲の数々は、ビー・ジーズの曲の偉大さを証明している。(ガーディアン紙)

ドリー・パートンとバリーがデュエットする「ワーズ」に心を揺さぶられる。ふたりのベテランが過去を振り返って、歌詞に新たな深みが生まれている。(アイリッシュ・タイムズ紙)

『グリーンフィールズ』はバリー・ギブがいかに優れたソングライターであるかを改めて思い出させてくれる。(Music OMH)

このアルバムには深く心を打たれる瞬間がある。(アイリッシュ・イグザミナー紙)

バリーを抱きしめて言いたい。「バリー、君たちの音楽は不滅だ」と。(ジ・エイジ紙/オーストラリア)

初めてのレコードを吹き込んで以来60年近く経った今も変わることなく、バリー・ギブの声はポピュラー音楽の世界でも指折りの素晴らしい楽器である。(ニューヨーク・タイムズ紙)

バリー・ギブが帰ってきた、仲間と一緒に。(ボストン・ヘラルド紙)

「バリーが目を閉じて別の星に行っちゃってるようなら、そのテイクは使える。見てるとわかるんですが、バリーはその辺の感覚を本当につかんでいるんです。バリーは何も言わないけど禅みたいで、完璧なんです」(プロデューサー、デイヴ・コブ)

今だ! 早くVol. 2も出してくれ。(サー・ティム・ライス ―Twitterで)



 50年を超えるキャリアを誇るバリー・ギブは、ビー・ジーズの結成メンバーの1人。創作を主導していたバリーとモーリスとロビンの兄弟3人は、ロックンロール史において最大の成功を収めたヴォーカル・グループのひとつと称され、現在までに2億枚を超えるアルバムセールスを記録。グラミー賞は8回受賞、2003年には特別功労賞伝説賞、2015年には特別功労賞生涯業績賞を受賞、1994年「ソングライターの殿堂」、1997年「ロックの殿堂」入り。2004年、バリーはビー・ジーズとしてイギリス最高の栄誉のひとつである大英帝国コマンダーの爵位を授与された。2018年には音楽とチャリティーへの貢献によってチャールズ皇太子よりナイトの爵位を授与され、「サー・バリー・ギブ」と呼称されることとなった。



◎リリース情報
アルバム『グリーンフィールズ:ザ・ギブ・ブラザーズ・ソングブック Vol. 1』
2021/1/8 RELEASE
UICY-15962 2,500円(tax out)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい