【ビルボード】BTS「Dynamite」11度目のストリーミング首位 YOASOBI新作リリースで計8曲チャートイン 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】BTS「Dynamite」11度目のストリーミング首位 YOASOBI新作リリースで計8曲チャートイン

Billboard JAPAN
【ビルボード】BTS「Dynamite」11度目のストリーミング首位 YOASOBI新作リリースで計8曲チャートイン

【ビルボード】BTS「Dynamite」11度目のストリーミング首位 YOASOBI新作リリースで計8曲チャートイン


 2021年1月18日付(集計期間:2021年1月4日~1月10日)のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”で、BTSの「Dynamite」が首位を獲得した。

 チャートイン21週目の「Dynamite」は、これで通算11度目、5週連続となる首位を獲得した。当週の再生回数は前週比107%の11,807,342回で、年末年始により全体的なユーザーのアクティビティ減少が見受けられた前週からV字回復を果たした。

 前週3位だった優里の「ドライフラワー」は、再生回数を前週比108%の10,114,051回まで伸ばし、順位を一つ上げて2位をマーク。当チャートにおける自己最高位を更新した。同曲は、優里が2020年10月25日にリリースした最新シングルで、2019年12月に配信した自身初のオリジナル・ソング「かくれんぼ」のアフターストーリーを描いた楽曲だ。TikTokやSNS上のバイラル・ヒットを経て、当チャートでは11月9日に81位でデビューし、当週でチャートイン11週目を迎えた。

 そして3位にはチャートイン43週目のYOASOBIの「夜に駆ける」がエントリー。再生回数は前週比120%となる9,994,551回を記録した。12月31日の『第71回NHK紅白歌合戦』初出場とテレビ初歌唱に加え、当週は新作EP『THE BOOK』のリリースもあり、話題性の高まりがチャート・アクションを大きく活性化させたことが窺える。

 そのほか、前週21位から当週11位の「群青」、前週24位から当週15位の「ハルジオン」、前週33位から当週19位の「ハルカ」、前週47位から当週26位の「たぶん」、前週68位から当週41位の「あの夢をなぞって」、そして初登場30位の「アンコール」と、インストを除いたEP全収録曲がランクアップもしくは初登場を果たしているほか、同時リリースした最新シングル「怪物」も40位に初登場。同曲は、1月6日に放送開始したTVアニメ『BEASTARS』第2期のオープニング・テーマに起用されている。

 前週2位だったLiSAの「炎」は当週4位、前週5位だった菅田将暉の「虹」は引き続き5位、そして6位には前週から1ランクアップのEveの「廻廻奇譚」が入った。TVアニメ『呪術廻戦』のオープニング主題歌に起用された「廻廻奇譚」は、TikTokでもファン・アート動画を中心としたグローバルな人気につられて投稿数を伸ばしており、1月8日に発表された国内週間楽曲ランキング“TikTok HOT SONG Weekly Ranking”では15位をマークしている。


◎【Streaming Songs】トップ10
1位「Dynamite」BTS(11,807,342回再生)
2位「ドライフラワー」優里(10,114,051回再生)
3位「夜に駆ける」YOASOBI(9,994,551回再生)
4位「炎」LiSA(9,703,238回再生)
5位「虹」菅田将暉(6,053,660回再生)
6位「廻廻奇譚」Eve(5,761,971回再生)
7位「Make you happy」NiziU(5,563,994回再生)
8位「Step and a step」NiziU(4,951,386回再生)
9位「紅蓮華」LiSA(4,874,384回再生)
10位「Stand by me, Stand by you.」平井大(4,655,135回再生)

※()内はストリーミング再生回数。
※総合ソング・チャート“HOT 100”のストリーミング指標と動画再生指標およびストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”では、一部サービスにおけるデータを無料ストリーミングと有料ストリーミングで分けて集計し、それぞれ異なる係数を乗じているため、再生回数の合算によるランキングとは異なる場合があります。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい