<ライブレポート>サザンオールスターズが見せたライブエンタテイメントの底力 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

<ライブレポート>サザンオールスターズが見せたライブエンタテイメントの底力

Billboard JAPAN
<ライブレポート>サザンオールスターズが見せたライブエンタテイメントの底力

<ライブレポート>サザンオールスターズが見せたライブエンタテイメントの底力


 サザンオールスターズ(以下、サザン)が、2020年12月31日に無観客配信ライブ【サザンオールスターズ ほぼほぼ年越しライブ 2020「Keep Smilin'~皆さん、お疲れ様でした!! 嵐を呼ぶマンピー!!~」supported by SOMPOグループ】を開催した。

 サザンがライブを行うのは、2020年6月25日に開催した初の無観客配信ライブ【サザンオールスターズ 特別ライブ 2020「Keep Smilin'~皆さん、ありがとうございます!!~」】以来、およそ半年ぶり。カウントダウンライブを行うのは、2014年以来6年ぶりとなる。今回の公演は、日々状況が変化する新型コロナウイルスの影響や、右肩の手術を受け活動を休止していた松田弘(Dr.)の復帰ライブということを踏まえ、神奈川・横浜アリーナにて直前に収録したもの(=“ほぼほぼ年越しライブ”)が配信された。

 前回の無観客配信ライブは、視聴チケット購入者18万人、推定視聴者数50万人を記録。デビュー42周年を迎えたサザンによる、記憶にも記録にも残るライブは、日本中のオーディエンスを勇気づけた。さらに、多くのミュージシャン、特にベテランやメジャーシーンで活躍するアーティストの有料配信ライブ参入を後押しした。

 2020年6月の時点では、有料配信ライブの数はそれほど多くはなかった。配信ライブのチケットを購入することは、一部の音楽ファン以外には浸透していなかったのだ。そこでサザンは、配信ライブ初心者も馴染みのあるサービスで視聴できるよう、8つの配信メディアを用意。加えて、公式アンバサダーにさまぁ~ずを迎え、視聴方法を解説する動画を公開し、ライブを見たいすべての人が参加しやすい環境を整えた。ライブ本編の素晴らしさは言わずもがなだが、それまでの導線がしっかりしていたからこそ、初心者も安心してライブを楽しむことができたのだろう。この日のライブを通して、ミュージシャンにとっても、リスナーにとっても、有料配信ライブがより身近なものになったことは間違いない。

 そんな初の無観客配信ライブから早半年。新型コロナウイルスの感染拡大は止まらず、先の見えない状況が現在も続いている。そんななか開催された今回のカウントダウンライブは、6月のライブにも増して、多くの人々を労い、鼓舞するようなライブだった。

 今回のセットリストでは、桑田佳祐(Vo.&Gt.)のスライドギターから始まる「ふたりだけのパーティ」を皮切りに、スタッフ達のたくさんの拳が突きあがった「東京VICTORY」、客席の一席一席に設置されたライトが感傷的なムードを演出した「Ya Ya(あの時代(とき)を忘れない)」、ダンサーが客席上空をワイヤーアクションで飛び交った「エロティカ・セブン EROTICA SEVEN」など、バラエティ豊かな全23曲が披露された。唯一無二のワードセンスと、ロック、ブルース、ジャズ、ラテンなど、ジャンルごった煮サウンドを掛け合わせたサザンの楽曲は、いつ聴いても名曲揃い。それが“ほぼほぼ”生配信で見られるだけでも、十分楽しい気持ちになる。

 2020年ラストソングとなった「マンピーのG★SPOT」では、色とりどりの法被や祭り衣裳を着たダンサーがステージとフロアに大量に登場。阿波踊りをしたり、大太鼓を叩いたり、神輿を担いだりと、その光景はまさにしっちゃかめっちゃか。桑田も歌いながらクレーンに乗っかり紙吹雪をまき散らしたり、ダンサーにちょっかいを出したりと、やりたい放題である。しかし、このカオスの極みこそがサザンなりの「祭り」であり、エンパワーメントなのだろう。2020年は音楽フェスも全国各地のお祭りもほとんど中止になってしまったが、そのすべてを半ば強引に詰め込み、2021年へのパワーに変換したのが、この「マンピーのG★SPOT」だったのかもしれない。

 年明け直後、「音楽業界、エンタメ業界は負けないからなー!」と叫んだ桑田。新年一曲目に披露されたのは、「希望の轍」だった。そして、ラストソング「勝手にシンドバッド」では、2番のAメロが<収束が見えて来ない みんな苦しいけど コロナ禍を乗り越えて いつか素敵な未来を迎えよう>と、再会を約束する歌詞に変更されていた。42年間、日本のポップスシーンのトップを走り続けてきたサザンだからこそ、その言葉と音楽には説得力がある。そんな彼らがライブを通し、エールを送ってくれたことで、どれだけの人々が勇気づけられたことか。2020年にサザンオールスターズがいて、本当に良かったと心から思った。なお、本公演のアーカイブ配信は1月7日まで視聴可能だ。

Photos by 西槇太一、関口佳代、高田梓


◎配信情報
【サザンオールスターズ ほぼほぼ年越しライブ 2020「Keep Smilin’~皆さん、お疲れ様でした!! 嵐を呼ぶマンピー!!~」supported by SOMPOグループ】
2020年12月31日(木)22:00~
料金:4,500円(税込)
※チケットの購入は1月7日(木)21:30まで
※見逃し配信期間:2021年1月7日(木)23:59まで
期間は配信メディアごとに異なる場合、また変更となる場合がございます。
※別途、配信メディアごとに異なる手数料がかかります。
https://special.southernallstars.jp/2020live1231/

◎セットリスト
1. ふたりだけのパーティ
2. My Foreplay Music
3. 東京VICTORY
4. いとしのフィート
5. 恋するマンスリー・デイ
6. あっという間の夢のTONIGHT
7. 君だけに夢をもう一度
8. 夜風のオン・ザ・ビーチ
9. LONELY WOMAN
10. Ya Ya(あの時代(とき)を忘れない)
11. 愛は花のように(Ole!)
12. 走れ!! トーキョー・タウン
13. 世界の屋根を撃つ雨のリズム
14. 栄光の男
15. はっぴいえんど
16. LOVE AFFAIR~秘密のデート~
17. ボディ・スペシャルII(BODY SPECIAL)
18. エロティカ・セブン EROTICA SEVEN
19. BOHBO No.5
20. マンピーのG★SPOT
<アンコール>
En1. 希望の轍
En2. 夕方 HOLD ON ME
En3. 勝手にシンドバッド


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい