やくしまるえつこ、高城晶平(cero)ら、“アフターコロナの未来”を照らし出す『第2回世界SF作家会議』声の出演 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

やくしまるえつこ、高城晶平(cero)ら、“アフターコロナの未来”を照らし出す『第2回世界SF作家会議』声の出演

Billboard JAPAN
やくしまるえつこ、高城晶平(cero)ら、“アフターコロナの未来”を照らし出す『第2回世界SF作家会議』声の出演

やくしまるえつこ、高城晶平(cero)ら、“アフターコロナの未来”を照らし出す『第2回世界SF作家会議』声の出演


 やくしまるえつこ、高城晶平(cero)らが、2021年1月6日に放送されるフジテレビ(関東ローカル)『第2回世界SF作家会議』に声の出演を果たす。

 “アフターコロナの未来”を世界中のSF作家たちの想像力で鮮やかに照らし出し、大きな反響と共感を呼んだ2020年7月放送の第一回に続き、コロナ第三波が襲う2021年1月6日に第二回の放送が決定。進行のいとうせいこう、顧問の大森望、SF作家の新井素子、藤井太洋、小川哲らに加え、今回は芥川賞作家・高山羽根子も参加する。

 さらに、世界の現代SF界を代表する海外作家たちもVTR参加。『三体』で世界中を席巻し続ける劉慈欣(りゅう・じきん)が中国から、『紙の動物園』で世界SF史上に輝くケン・リュウがアメリカから、そして2019年に彗星(すいせい)のごとくデビューした27歳の新鋭キム・チョヨプが韓国から参加する。

 そして、漫画家・宮崎夏次系が番組のために“人類滅亡”をテーマに描き下ろした新作漫画作品も初公開。この作品に、自身もSFマガジンで連載・特集が行われ、遺伝子組換え微生物を駆使して作品を発表するなどSF的な活躍を続けるアーティストのやくしまるえつこや、ceroの高城晶平らが声優として参加する。さらに作品の劇中音楽もやくしまるえつこが担当している。

 なお、同日27時10分より、フジテレビが運営する YouTube「8.8チャンネル」にてオリジナル版が配信となる。



◎放送情報
フジテレビ(関東ローカル)『第2回 世界SF作家会議 “人類は〇〇で滅亡する”』
2021年1月6日(水)26時05分~27時05分

配信番組『第2回 世界SF作家会議 “人類は〇〇で滅亡する” オリジナル全長版』
※YouTube 「8.8チャンネル」で配信
2021年1月6日(水)27時10分~配信開始予定
https://bit.ly/3osY8zG

<進行>
いとうせいこう
<顧問>
大森 望
<SF作家>
新井素子
藤井太洋
高山羽根子
小川 哲
劉 慈欣(※VTR出演)
ケン・リュウ(※VTR出演)
キム・チョヨプ(※VTR出演)
<音楽>
牛尾憲輔
<挿絵>
森泉岳土
<漫画>
宮崎夏次系
<VOICE>
やくしまるえつこ
高城晶平
マキタスポーツ
堤川周吉


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい