【ビルボード】EXILE TRIBE『RISING SUN TO THE WORLD』初週4.6万枚でSGセールス首位 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】EXILE TRIBE『RISING SUN TO THE WORLD』初週4.6万枚でSGセールス首位

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】EXILE TRIBE『RISING SUN TO THE WORLD』初週4.6万枚でSGセールス首位

【ビルボード】EXILE TRIBE『RISING SUN TO THE WORLD』初週4.6万枚でSGセールス首位


 EXILE TRIBEの『RISING SUN TO THE WORLD』が初週46,440枚を売り上げて、2021年1月11日付の週間シングル・セールス・チャート“Billboard JAPAN Top Singles Sales”で首位を獲得した。

 “日本を元気に。そして、日本の元気で、世界を元気に。”というLDHエンタテインメントの新たな決意をテーマに、1月1日に発売された本コンセプト・シングルには、EXILEや三代目 J SOUL BROTHERS、Jr.EXILE(GENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZ)による3曲のコンセプト楽曲など、全7曲が収録されている。

 2位には12月29日に発売された、さくらシンデレラの11thシングル『初恋キャンディー』(27,039枚)が続き、リリース5週目のNiziUのデビュー・シングル『Step and a step』(11,961枚)が3位にチャートイン。そして、LiSAの『炎』と櫻坂46の1stシングル『Nobody's fault』が、それぞれ9,462枚、9,457枚と僅差でトップ5入りしている。


◎Billboard JAPAN Top Singles Sales
(2020年12月28日~2021年1月3日までの集計)
1位『RISING SUN TO THE WORLD』EXILE TRIBE(46,440枚)
2位『初恋キャンディー』さくらシンデレラ(27,039枚)
3位『Step and a step』NiziU(11,961枚)
4位『炎』LiSA(9,462枚)
5位『Nobody's fault』櫻坂46(9,457枚)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい