【ビルボード】E-girlsのベストアルバム『E-girls』がALセールス首位 嵐/Mr.Childrenが続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】E-girlsのベストアルバム『E-girls』がALセールス首位 嵐/Mr.Childrenが続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】E-girlsのベストアルバム『E-girls』がALセールス首位 嵐/Mr.Childrenが続く

【ビルボード】E-girlsのベストアルバム『E-girls』がALセールス首位 嵐/Mr.Childrenが続く


 E-girlsのベスト・アルバムで、ラスト・アルバムでもある『E-girls』が当週20,252枚を売り上げて、2021年1月11日付の週間アルバム・セールス・チャート“Billboard JAPAN Top Albums Sales”で首位を獲得した。

 2位には、2020年12月31日をもって活動休止した嵐の『This is 嵐』が当週12,953枚を売り上げてチャートイン。累計売上枚数は825,646枚になった。そしてMr.Childrenの『SOUNDTRACKS』が当週10,558枚セールスでチャートイン。これで5週連続のトップ5キープとなった。

 4位には『ラブライブ!サンシャイン!!』Aqours ソロコレクション第4弾である『LoveLive! Sunshine!! Kurosawa Dia First Solo Concert Album ~WHITE FIRST LOVE~』が当週10,156枚セールスでチャートイン。そして、瑛人の1stアルバム『すっからかん』が、当週9,661枚を売り上げて5位にチャートインしている。


◎Billboard JAPAN Top Albums Sales
(2020年12月28日~2021年1月3日までの集計)
1位『E-girls』E-girls(20,252枚)
2位『This is 嵐』嵐(12,953枚)
3位『SOUNDTRACKS』Mr.Children(10,558枚)
4位『LoveLive! Sunshine!! Kurosawa Dia First Solo Concert Album ~WHITE FIRST LOVE~』黒澤ダイヤ(CV. 小宮有紗)(10,156枚)
5位『すっからかん』瑛人(9,661枚)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい