ブラックベアー、ウィズ・カリファとタッグを組んだ新曲「cheers」をリリース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ブラックベアー、ウィズ・カリファとタッグを組んだ新曲「cheers」をリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ブラックベアー、ウィズ・カリファとタッグを組んだ新曲「cheers」をリリース

ブラックベアー、ウィズ・カリファとタッグを組んだ新曲「cheers」をリリース


 米シンガーソングライターのブラックベアーが、人気ラッパーのウィズ・カリファとタッグを組んだ新曲「cheers (with Wiz Khalifa)」を本日2020年12月25日にデジタル・リリースした。

 ウィズ・カリファとのコラボを初めて実現した同曲は、今年8月にリリースした最新アルバム『everything means nothing』に続く作品となる。「乾杯」を意味するタイトルのニュー・シングルで、ブラックベアーは「乾杯、理由はないけれど/流した涙に意味があることを願う」などと歌唱。困難が続いた2020年の締めくくりに、セレブレイトするものはないが杯を交わそうと呼びかけるような1曲となっている。

 またブラックベアーは、2021年4月に米ミズーリ州で久々のライブを開催することが決まっている。6月にはメキシコで開催されるフェス【Breakaway Music Festival】に出演し、7月から8月にかけては、ヨーロッパ・ツアーを行う予定だ。

◎リリース情報
配信シングル「cheers (with Wiz Khalifa)」
2020/12/25 RELEASE
https://umj.lnk.to/blackbear_WizKhalifa


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい