1年間のモヤモヤもムラムラも大放出する精力剤!【サザンオールスターズ ほぼほぼ年越しライブ】見どころレビュー 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

1年間のモヤモヤもムラムラも大放出する精力剤!【サザンオールスターズ ほぼほぼ年越しライブ】見どころレビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
1年間のモヤモヤもムラムラも大放出する精力剤!【サザンオールスターズ ほぼほぼ年越しライブ】見どころレビュー

1年間のモヤモヤもムラムラも大放出する精力剤!【サザンオールスターズ ほぼほぼ年越しライブ】見どころレビュー


 新型コロナウイルスの世界規模の感染拡大という、誰もが経験したことのない事態に陥った2020年。未だにコロナ禍は収束がまったく見通せない中、気が付けばあっという間に年末を迎えてしまった。例年、規模の大小を問わず多くの音楽イベントが開催される時期だが、再び増加している感染を防止するため中止を余儀なくされるフェスもあるなど、音楽ライブを取り巻く状況はまだまだ厳しい。

 そんな中、サザンオールスターズが2020年12月31日大晦日に無観客配信ライブ【サザンオールスターズ ほぼほぼ年越しライブ 2020「Keep Smilin'~皆さん、お疲れ様でした!! 嵐を呼ぶマンピー!!~」supported by SOMPOグループ】を開催する。サザンは今年、42回目のデビュー記念日である6月25日に神奈川・横浜アリーナにて初めての無観客配信ライブ【サザンオールスターズ 特別ライブ 2020「Keep Smilin'~皆さん、ありがとうございます!!~」】を開催。医療関係をはじめとするエッセンシャルワーカーの人々へ感謝を伝えると共に、ライブ・エンターテイメントに飢えた音楽ファンのみならず、自粛生活に疲れた人々の心を癒し、推定視聴者数は50万人を超えた。さすがは、国民的なバンド・サザンオールスターズ。疲弊しきった日本を元気にするのはやっぱり彼らしかいない。そんなわけで、来る大晦日に再び行われることとなった配信ライブだが、今なお日々状況が変化している新型コロナウイルスの影響や、右肩の手術を受け今年8月より音楽活動を休止していたドラム・松田弘の復帰一発目のライブということも踏まえ、今回は生配信ではなく直前に収録したものが“ほぼほぼ年越しライブ”として22時から配信される。無観客ではあるものの、サザンがカウントダウンライブを行うのは2014年以来、じつに6年振り。どんな曲、どんなステージングが用意されているのか、今から楽しみだ。

 ところで、気になるのはライブのタイトルに“嵐を呼ぶマンピー!!”と入っているところ。マンピーといえば、「マンピーのG★SPOT」だ。1995年に発売された35枚目のシングル曲で、今やライブの定番曲だが、発売当時から「なんちゅ~タイトルの曲だよ!」と、世間をざわつかせていた。その昔、『ボディ・スペシャルII (BODY SPECIAL)』(1983)のレコードジャケットをエロ本を隠す要領で机に忍ばせて、明るくスケベな桑田佳祐の歌詞にドキドキしつつ育ってきたことで免疫のあった筆者も一瞬たじろいでしまった。サザンファンのファミリーにとっても、好奇心旺盛なお子さんに、「ねえねえ、『マンピーのG★SPOT』ってどういう意味?」といきなり訊かれて急に口ごもるお母さん、新聞紙を逆さに読み出すお父さん等、悩ましい問題となった曲である。桑田佳祐曰く、「マンピーのG★SPOT」は「シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA」(1992)、「エロティカ・セブン EROTICA SEVEN」(1993)を含めた“エロス3部作”の1曲とのこと。得意の洒落た言葉遊びや文学的表現を駆使した歌詞、キャッチーで疾走感のあるメロディ、歪んだギターを中心としたロックサウンドがカッコイイだけに、なおさら際立つ “マンピー” 及び“G★SPOT”の文字。改めて考えてみると、何かのメタファー、隠されたメッセージがあるのかもしれない。そう思ってググッてみたら、保健体育の授業のような図が出てきたのでやめといた。そうだ、天才・桑田佳祐の頭の中を覗こうなんておこがましい。ただ、1つだけ確実に言えるのは、「マンピーのG★SPOT」がレパートリーに加わったことで、サザンのライブはそれまで以上のダイナミズムと自由を得て、より一層エキサイティングなものになっていったということだ。そしてそれは、閉塞感が漂い続けた2020年の私たちが今一番欲している、言葉や行動を制限されずに存分に歌い、騒ぎ、笑うという、「最高の開放感」を目一杯体現しているものではないだろうか。

 今回の配信ライブで、「マンピーのG★SPOT」が演奏されるかどうかはわからないが、マンを持して聖地・横浜アリーナからお届けする“ほぼほぼ年越しライブ”が盛り上がること、全国のお茶の間を元気づけてくれることは間違いなし。ライブの最後には、疫病退散と無病息災を祈念して、「みんなで上げよう!! 全国Keep Smilin’花火」と称した花火が打ち上げられるのもお楽しみの1つ。また、サザンのメンバーもファンやスタッフと共に、自分たちのライブを見ながら年越しをするという。この1年のイライラもムカムカも、モヤモヤもムラムラも、マンピーに向かってサザンと一緒に思いっきり大放出して、スッキリ爽快、清々しい気分で新しい年・2021年を迎えようではないか。

文:岡本貴之


◎配信情報
【サザンオールスターズ ほぼほぼ年越しライブ 2020「Keep Smilin’~皆さん、お疲れ様でした!! 嵐を呼ぶマンピー!!~」supported by SOMPOグループ】
2020年12月31日(木)22:00配信開始(予定)
料金:4,500円(税込)
※公演時間は約2時間半を予定(前後する可能性がございます)。
※見逃し配信期間:2021年1月7日(木)23:59まで(予定)。期間は配信メディアごとに異なる場合、また変更となる場合がございます。
※別途、配信メディアごとに異なる手数料がかかります。
https://special.southernallstars.jp/2020live1231/


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい