【ビルボード】Hey! Say! JUMP『Fab! -Music speaks.-』が総合アルバム首位 ミスチル/嵐がトップ3をキープ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】Hey! Say! JUMP『Fab! -Music speaks.-』が総合アルバム首位 ミスチル/嵐がトップ3をキープ

Billboard JAPAN
【ビルボード】Hey! Say! JUMP『Fab! -Music speaks.-』が総合アルバム首位 ミスチル/嵐がトップ3をキープ

【ビルボード】Hey! Say! JUMP『Fab! -Music speaks.-』が総合アルバム首位 ミスチル/嵐がトップ3をキープ


 2020年12月28日付(集計期間:2020年12月14日~12月20日)の総合アルバム・チャート“HOT Albums”で、Hey! Say! JUMPの『Fab! -Music speaks.-』が総合首位を獲得した。

 本作はHey! Say! JUMPにとって通算8作目となるオリジナル・アルバム。CDセールスは253,174枚で当週1位、ルックアップも1位を記録しており、2冠で総合アルバム首位となった。ちなみに、2019年10月にリリースした前作『PARADE』の初週での総合ポイントのおよそ1.3倍のポイントを『Fab! -Music speaks.-』は獲得している。

 総合2位には2週連続でMr.Childrenの『SOUNDTRACKS』がチャートイン。当週で累計CD売上枚数が30万枚を突破している。そして総合3位には、こちらも2週連続で嵐『This is 嵐』がチャートイン。ダウンロード指標は前週の1/2以下となったが、依然同指標で1位を獲得。CDセールスやルックアップは微減にとどまっており、まだまだチャート上位をキープしそうだ。

 総合4位から7位には、amazarashiの『令和二年、雨天決行』、ポルカドットスティングレイ『何者』、スマートフォン向けゲーム『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』内のボーカロイド楽曲を集めた『ガルパ ボカロカバーコレクション』、ポール・マッカートニー『マッカートニーIII』と初登場のアルバムがチャートイン。『令和二年、雨天決行』と『何者』はCDセールス指標でそれぞれ4位と6位を記録しており、さらにダウンロード指標でもトップ5に入るほどのポイントを獲得したことが、総合でのトップ5入りに結び付いた。

 総合9位の米津玄師の『STRAY SHEEP』は当週でチャートイン20週目。その間、ルックアップ指標は常にトップ3をキープしており、通算で14週首位を獲得している。チャートイン5週目の宮本浩次の『ROMANCE』は総合10位。3指標すべてでトップ10入りとなっている。


◎【HOT Albums】トップ10
1位『Fab! -Music speaks.-』Hey! Say! JUMP
2位『SOUNDTRACKS』Mr.Children
3位『This is 嵐』嵐
4位『令和二年、雨天決行』amazarashi
5位『何者』ポルカドットスティングレイ
6位『ガルパ ボカロカバーコレクション』(ゲーム・ミュージック)
7位『マッカートニーIII』ポール・マッカートニー
8位『AKIRA』福山雅治
9位『STRAY SHEEP』米津玄師
10位『ROMANCE』宮本浩次


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい