ポール・マッカートニー、46台以上のカメラを使って演奏風景を捉えた「ファインド・マイ・ウェイ」MV公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ポール・マッカートニー、46台以上のカメラを使って演奏風景を捉えた「ファインド・マイ・ウェイ」MV公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ポール・マッカートニー、46台以上のカメラを使って演奏風景を捉えた「ファインド・マイ・ウェイ」MV公開

ポール・マッカートニー、46台以上のカメラを使って演奏風景を捉えた「ファインド・マイ・ウェイ」MV公開


 ポール・マッカートニーが、一人で作った最新アルバム『マッカートニーIII』が、ストリーミング、CD、そしてカラフルなヴィニール盤として、2020年12月18日にリリースされた。

 2018年の『エジプト・ステーション』以来、初めての作品となる『マッカートニーIII』は、1970年の『マッカートニー』、1980年の『マッカートニーII』の伝統に則り、余分なものを取り去ったシンプルな作品で、彼がプロデュースも含めて文字通り一人で仕上げたアルバムだ。

 今年の前半の“Rockdown”[訳注:封鎖という意味のLockdownを、音楽のRockと掛けて、ロックが出来ないという意味で使っている]の時期に、英サセックス州でレコーディングされた『マッカートニーIII』は、主にポールがギター、もしくはピアノを弾きながら生で歌ったものを収録して、そのベーシック・トラックの上にベースやドラムを後からダビングしている。

 このプロセスは、ポールが最初に90年代初めに作った曲「ホエン・ウィンター・カムズ」(ジョージ・マーティンとレコーディングした曲)に手つけたときに閃いた方法だった。ポールはこの曲に新たな旋律をつけ、「ロング・テイルド・ウィンター・バード」としてアルバムのオープニングに持ってきた。そして「ホエン・ウィンター・カムズ」は、2020年ヴァージョンの「ウィンター・バード」というイントロをつけて、ニュー・アルバムのフィナーレに据えた。

 そんな『マッカートニーIII』のクリエイティヴなプロセスを最も深く知ることのできる新たな作品が「ファインド・マイ・ウェイ」のビデオという形で解禁された。ローマン・コッポラが監督したこのビデオでは46台以上のカメラを駆使し、ポールが様々な楽器を演奏している様子があらゆる角度から捉えており、『マッカートニーIII』の創作、演奏風景を直接垣間見ることのできる、今までにない試みとなっている。

◎リリース情報
アルバム『マッカートニー?』
2020/12/18 RELEASE
https://umj.lnk.to/mccartneyIIIpr

Photo Credit: c Mary McCartney


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい