瑛人、ピクサー最新作『ソウルフル・ワールド』カメオ出演で歌唱&特別映像解禁 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

瑛人、ピクサー最新作『ソウルフル・ワールド』カメオ出演で歌唱&特別映像解禁

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
瑛人、ピクサー最新作『ソウルフル・ワールド』カメオ出演で歌唱&特別映像解禁

瑛人、ピクサー最新作『ソウルフル・ワールド』カメオ出演で歌唱&特別映像解禁


 瑛人が、ディズニー&ピクサーの最新作『ソウルフル・ワールド』に、ストリートミュージシャン役でカメオ出演する。

 ディズニー公式動画配信サービス ディズニープラスにて、12月25日17時より独占配信開始となる『ソウルフル・ワールド』。本作では、生まれる前に「どんな自分になるか」を決める“魂<ソウル>の世界”で夢を叶えたい音楽教師“ジョー”と、人間に生まれたくないソウルの女の子“22番”の“人生のきらめき”をめぐる冒険が描かれる。

 瑛人が担当したのは、主人公のジョーが居合わせたニューヨークの地下鉄のホームで弾き語りをしているストリートミュージシャン役。歌うのは「愛に満ちた世界」という名の楽曲で、ジョーと22番の行く末に影響を与える重要な曲となっている。USオーディションを経てこの役を射止めた瑛人だが、アニメーションの吹替えを担当するのは本作が初となる。

 選ばれたときは「飛び跳ねるくらい喜びました。家族も「嘘でしょ!? すごい!!」と驚いていました」と合格したとき心境や、周囲の反応について語った瑛人。今回演じた役柄同様、自身もストリートミュージシャンの経験があるといい、当時のことを聞くと、「(演じたキャラクターのように)あんなにゆっくりと座って、堂々と駅の地下のホームで演奏したことはないです。臆病者なので、友達がいないと出来ないタイプでした(笑)」と振り返る。

 また、「少し前までは、何かをやり通したことや、何かに夢中になったことがほぼ無くて、“やりたいことが見つけられない”22 番に近い人間でした。自分の一番好きな音楽を通して、最近はやりたいことが見えてきたので、ジョーに近くなってきているなと思いました」と22番とジョー、どちらのキャラクターにも共感したことも明かした。

 さらに瑛人にとっての“人生のきらめき”を聞くと、「歌っている時が“きらめき”です。一番開放されていて、ただ楽しいと感じる時間が流れます。歌っている時が生きる喜びですね」。また、瑛人は「身体から出る優しさを意識して、心から優しく、本当に誰か愛している人を想像しながら歌いました」と歌唱シーンを収録した時の様子を振り返った。

 なお、瑛人が歌唱を担当したストリートミュージシャンが登場する特別映像が解禁となっている。



◎映像
「ソウルフル・ワールド」|「愛に満ちた世界」performed by 瑛人|ディズニープラスで12月25日(金)独占配信
※YouTubeにて公開
https://youtu.be/McANyYmMolA

◎配信情報
『ソウルフル・ワールド』
2020年12月25日(金)ディズニープラスにて17時より独占配信開始
(C)2020 Disney/Pixar.


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい