リンゴ・スター、ポールなど豪華アーティストが多数参加したEP『Zoom In』の発売決定 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

リンゴ・スター、ポールなど豪華アーティストが多数参加したEP『Zoom In』の発売決定

Billboard JAPAN
リンゴ・スター、ポールなど豪華アーティストが多数参加したEP『Zoom In』の発売決定

リンゴ・スター、ポールなど豪華アーティストが多数参加したEP『Zoom In』の発売決定


 リンゴ・スターが、新作EP『Zoom In』を2021年3月19日にリリースすることを発表した。またEPのリリースに先駆け、オール・スター共演者とのシングル「ヒアズ・トゥ・ザ・ナイツ」が先行リリースされている。

 このEPは、2020年4月から10月にかけてリンゴのホーム・スタジオで録音されたもので、ダイアン・ウォーレンが書いた先行シングル「ヒアズ・トゥ・ザ・ナイト」には、ゲスト・シンガーとしてポール・マッカートニー、ジョー・ウォルシュ、コリーヌ・ベイリー・レイ、ベン・ハーパー、デイヴ・グロール、シェリル・クロウ、クリス・ステイプルトン、スティーヴ・ルカサー、ジェニー・ルイス、レニー・クラヴィッツ、コリーヌ・ベイリー・レイ、エリック・バートン、ヨーラ、そしてフィニアスなどが参加している。

 同曲に関してリンゴは次のように語っている。「ダイアンからこの曲を聴かされたとき、ぼくはその気持ちが気に入った」「これはみんなが一緒に歌いたくなる曲で、それに大勢の素晴らしいミュージシャンたちが参加してくれたのは、本当に素晴らしいことだった。何とか年が明ける前にリリースしたいと思ったのは、この曲がとても困難だった一年を終えるのにふさわしい曲だと思えたからだ。だから、この曲はぼくたちが忘れたい夜と忘れられない友人たちに贈りたいと思っている。そして、2021年の平和と愛をみんなに願っているよ」

 EPの制作において、リンゴはパンデミック中にタイトル曲の「ズーム・イン・ズーム・アウト」を書いたジェフ・ゾバー、ギターのロビー・クリーガーを含む、多くのソングライターやプロデューサーと共作した。「ティーチ・ミー・トゥ・タンゴ」を書き、プロデュースしたサム・ホランダーは、ほぼ完成したトラックをリンゴに送り、そこにリンゴはヴォーカルと、それからもちろんドラムを追加した。また、リンゴはエンジニアのブルース・シュガーと「ウェイティング・フォー・ザ・タイド・トゥ・ターン」を共同で書き、それにトニー・チェンと彼の幅広いレゲエのルーツを加えた。そして「ノット・イナフ・ラヴ・イン・ザ・ワールド」は、長年のオール・スター・バンドのメンバーであるスティーヴ・ルカサーとジョセフ・ウィリアムズによって書かれている。

 また、リンゴはレコーディングのために、ほんの数人ずつのミュージシャンをスタジオに招いた。リンゴと共に集まったのは、ミュージシャンのネイサン・イースト(ベース)、スティーヴ・ルカサー(ギター)、ブルース・シュガー(シンセ・ギター)、ベンモント・テンチ(ピアノ)、チャーリー・ビシャラット(ヴァイオリン)、ジェイコブ・ブラウン(チェロ)、ジム・コックス(ストリングスとシンセ・ストリングス)などで、あらゆる予防策を講じて、今作は制作が進められた。

◎リリース情報
EP『Zoom In』
2021/3/19 RELEASE
UICY-15973 / 2,100円(plus tax)
https://umj.lnk.to/ringostarr-zoominpr
<トラックリスト>
1. ヒアズ・トゥ・ザ・ナイツ
2. ズーム・イン・ズーム・アウト
3. ティーチ・ミー・トゥ・タンゴ
4. ウェイティング・フォー・ザ・タイド・トゥ・ターン
5. ノット・イナフ・ラヴ・イン・ザ・ワールド

Artist Photo: c Scott Robert Ritchie


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい