【ビルボード】櫻坂46「Nobody's fault」が414,024枚を売り上げ総合首位に初登場 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】櫻坂46「Nobody's fault」が414,024枚を売り上げ総合首位に初登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】櫻坂46「Nobody's fault」が414,024枚を売り上げ総合首位に初登場

【ビルボード】櫻坂46「Nobody's fault」が414,024枚を売り上げ総合首位に初登場


 2020年12月21日付(集計期間:2020年12月7日~12月13日)のBillboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”で、櫻坂46の「Nobody's fault」が1位に輝いた。

 改名後初のシングルとなる「Nobody's fault」は、初週売上414,024枚をマークしてCDセールス1位、CD読み取り回数のルックアップでも1位となり2冠を獲得した。他指標ではダウンロード10位、Twitter 19位、ラジオ21位と、フィジカル2指標が牽引して総合首位に初登場した。

 3度目の総合2位となったLiSAの「炎」は勢い止まらず、前週11,774枚、当週9,322枚を売り上げてCDセールス9位を記録した。前週44,833DLを売り上げたダウンロードは当週36,135DLで9週連続1位、ストリーミングでは前週13,187,391再生から当週12,176,398再生となり2位、動画再生では前週5,184,418再生から当週4,705,561再生で2位と、ポイント実数は全体的に減少傾向にあるが、まだまだ高い水準を保っている。また、カラオケ指標で「炎」は4週連続1位を維持しているが、DISH//の「猫」(総合15位)が、11月に入って着実にポイントを伸ばして当週2位まで順位を上げており、指標首位入れ替わりの目が出てきた。

 3週連続で総合6位となった優里の「ドライフラワー」は、ストリーミング指標が前週9,874,080再生から当週9,998,797再生で3位、動画再生では前週2,634,972再生から2,663,189再生で5位と、この2指標が牽引して上位を維持する形は変わらないが、ダウンロード(22位)とカラオケ(9位)のポイントも漸増しており、楽曲の認知度の拡がりを示す展開が始まっている。


◎【JAPAN HOT 100】トップ10
1位[-]「Nobody's fault」櫻坂46(414,024枚・11,442DL・1,002,720再生)
2位[2]「炎」LiSA(9,322枚・36,135DL・12,176,398再生)
3位[5]「Dynamite」BTS(-・16,624DL・12,202,992再生)
4位[1]「Step and a step」NiziU(32,316枚・15,864DL・7,716,252再生)
5位[3]「虹」菅田将暉(3,671枚・20,594DL・8,840,767再生)
6位[6]「ドライフラワー」優里(-・5,112DL・9,998,797再生)
7位[7]「夜に駆ける」YOASOBI(-・9,733DL・8,089,269再生)
8位[8]「紅蓮華」LiSA(3,258枚・13,086DL・5,672,774再生)
9位[4]「三文小説」King Gnu(6,634枚・12,343DL・4,330,566再生)
10位[9]「Make you happy」NiziU(-・8,199DL・6,019,003再生)

※[]内は前週順位
※()内はシングル枚数・ダウンロード数・ストリーミング数(各50位圏内のみ)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい