ブルース・スプリングスティーン、新作より初ライブパフォーマンスを披露 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ブルース・スプリングスティーン、新作より初ライブパフォーマンスを披露

Billboard JAPAN
ブルース・スプリングスティーン、新作より初ライブパフォーマンスを披露

ブルース・スプリングスティーン、新作より初ライブパフォーマンスを披露


 ブルース・スプリングスティーン&Eストリート・バンドが12月12日、米TV番組『サタデー・ナイト・ライヴ』に5年振りに出演し、最新作『レター・トゥ・ユー』より「ゴースト」「アイル・シー・ユー・イン・マイ・ドリーム」の2曲を披露。同映像が公開された。

 最新作からライブパフォーマンスを行うのはこれが初。また、ブルース・スプリングスティーンとEストリート・バンドが共にステージでパフォーマンスすること自体も約4年ぶりとなった。

 長年のファンサイト「Backstreets」は、「今から数年後を振り返った時、スプリングスティーンとバンドがSNLで歌を披露する機会を得たことは、この国が経験していることのターニングポイントのように感じられる。ワクチンが米国で承認され、ようやくこの恐ろしいトンネルの先に光が見えるかもしれない同じ週末に、私たちは未来を見た。それは、ソールドアウトした会場で、何千人ものファンが再会する未来、何よりも、信じるに足る理由のある未来だ」と記している。

 新作『レター・トゥ・ユー』は10月23日に全世界同時発売し、11か国で初登場1位を獲得。1970年代、80年代、90年代、2000年代、2010年代、2020年代の6つの年代でTOP5入りした史上初のアーティストという全米チャート新記録も樹立した。

 なお、最新インタビューで語った日本のファンへのメッセージ映像も現在公開されている。
https://youtu.be/MVNreLcSfog

 「そう、僕が後悔していることのひとつが、しばらく日本に行けなかったということなんだ。『ボーン・イン・ザ・U.S.A』の頃ツアーしたときは素敵なオーディエンスに迎えられた。その後まもなく子供たちを授かったこともあって、時間的制約や、その他色んな理由が重なって、それ以来バンドのツアーでは日本に行く機会がなかった。いつかはぜひ行って、あの当時のオーディエンスとまたつながりたいね。是非行きたいよ。ドウモアリガトウ」



◎リリース情報
アルバム『レター・トゥ・ユー』
2020/10/23 RELEASE
SICP-6359 / 2400円(plus tax)

Artist Photo: Danny Clinch


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい