これぞ完璧なチャートアクション?! NiziUが本物である理由

2020/12/14 16:47

これぞ完璧なチャートアクション?! NiziUが本物である理由
これぞ完璧なチャートアクション?! NiziUが本物である理由

今週のHot 100は、NiziUのデビュー・シングル「Step and a step」が圧倒的な強さで首位を獲得した(【表1】)。彼女たちのことはもはや説明することもないが、それでもここまで圧勝なのは見事としかいいようがない。

 「Step and a step」は11月25日に先行配信され、12月2日にCDシングルがリリースされた。先行配信の段階における先週12/7付では4位。ダウンロードで3位、ストリーミングで4位とそれだけでもすごいが、今週に入るとフィジカルが加わりCDの売上数は当然のごとく1位としても、ダウンロードが2位、ストリーミングが3位といずれも落ちることなく上昇しているのだ。CDはの勢いに押されたということはあるだろうが。それでも初動以上にチャートアップしているのは、彼女たちの強さの秘訣だ。

 またそれ以外のアクションも見逃せない。先週から今週の動きを見ると、動画再生数は3位から2位、ツイッターは6位から23位と少し下降しているが、ラジオのオンエア回数は8位から一気に首位へとアップ。ルックアップ(PCによるCD読取数)も初登場首位と別の要素も加算されている。おそらく今後はカラオケのチャートも上がってくるだろうし、チャート要素にはないTikTokなどの影響で、さらにストリーミングや動画再生数が上がる可能性も高い。すでに頂点に達しているとはいえ、まだまだ伸びしろはあるといってもいいだろう。

 それにしても、すべてのポイントにおいてトップクラスのというのは実は稀だ。どこかのポイントで差が出てくるのは当然なのだが、「Step and a step」に関してはウィークポイントが見つからなず、完璧といってもいい。年末年始のテレビ露出なども控えているだろうし、この勢いはまだまだ続くことだろう。しばらくその動向を注視しておきたい。Text:栗本斉

◎栗本斉:旅&音楽ライター、選曲家。レコード会社勤務の傍ら、音楽ライターやDJとして活動を開始。退社後、2年間中南米を放浪し、現地の音楽を浴びる。その後フリーランスとして活動した後、2008年から2013年までビルボードライブのブッキングマネージャーに就任。フリーランスに戻り、雑誌やライナーノーツなどの執筆や音楽評論、ラジオやストリーミングサービスにおける構成選曲などを行っている。

あわせて読みたい

  • 動画とルックアップがヒットの鍵?!  NiziU「Take a picture」

    動画とルックアップがヒットの鍵?! NiziU「Take a picture」

    Billboard JAPAN

    5/17

    【ビルボード】318,562枚を売り上げたNiziU「Step and a step」がLiSA「炎」を抑え総合首位 King Gnu「三文小説」4位にジャンプアップ

    【ビルボード】318,562枚を売り上げたNiziU「Step and a step」がLiSA「炎」を抑え総合首位 King Gnu「三文小説」4位にジャンプアップ

    Billboard JAPAN

    12/9

  • 新しい?それともオーソドックス?! NiziUのプレデビュー施策

    新しい?それともオーソドックス?! NiziUのプレデビュー施策

    Billboard JAPAN

    7/13

    【ビルボード】NiziU「Take a picture」ストリーミングと動画再生1位で初登場総合首位、BTS「Film out」解禁わずか3日で総合2位に

    【ビルボード】NiziU「Take a picture」ストリーミングと動画再生1位で初登場総合首位、BTS「Film out」解禁わずか3日で総合2位に

    Billboard JAPAN

    4/7

  • 【ビルボード】LiSA「炎」ストリーミング6連覇 NiziUデビュー曲「Step and a step」初登場4位に

    【ビルボード】LiSA「炎」ストリーミング6連覇 NiziUデビュー曲「Step and a step」初登場4位に

    Billboard JAPAN

    12/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す