【ビルボード】LiSA「炎」ストリーミング7連覇 King Gnu最新シングル2曲チャートイン 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】LiSA「炎」ストリーミング7連覇 King Gnu最新シングル2曲チャートイン

Billboard JAPAN
【ビルボード】LiSA「炎」ストリーミング7連覇 King Gnu最新シングル2曲チャートイン

【ビルボード】LiSA「炎」ストリーミング7連覇 King Gnu最新シングル2曲チャートイン


 2020年12月14日付(集計期間:2020年11月30日~12月6日)のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”で、LiSAの「炎」が7週連続となる首位を獲得した。

 前週、累計再生回数が1億回を超え、当チャートの歴代最速記録を塗り替えた「炎」は、依然としてトップの座を維持している。再生回数は前週比92%の13,187,391回で、11月2日付にピークを迎えて以降、下降は緩やかに抑えており、着実に再生回数を積み重ねている。12月にはオンラインライブや大型音楽番組、そして年末の『NHK紅白歌合戦』といった注目トピックスが控えているため、再生回数の推移が上昇トレンドに転じるタイミングもあるかもしれない。

 7週連続となる2位をマークしたのはBTSの「Dynamite」で、再生回数は前週比107%となる12,280,743回を記録。徐々に「炎」との差を埋めつつある。続く3位には、NiziUのデビュー曲「Step and a step」がエントリー。11月25日に先行配信され、前週4位に初登場した同曲だが、CDリリースを迎えた当週はさらにランクアップし、再生回数は10,508,822回を記録した。

 前週3位で初のトップ3入りを果たした優里の「ドライフラワー」は、当週順位を一つ落として4位となったものの、再生回数は9,874,080回で、前週比102%とほぼ横ばいに推移。なお、優里は12月7日の日本テレビ『スッキリ』に出演しており、これが次週のチャート・アクションに影響するのではないかと思われる。そして5位には、映画『STAND BY ME ドラえもん 2』の主題歌である菅田将暉の「虹」が入った。再生回数は前週比116%の9,458,995回で、着実に数字を伸ばし続けている。

 前週23位から当週11位にジャンプアップしたのは、King Gnuの最新シングル「三文小説」。同曲はドラマ『35歳の少女』の主題歌で、12月2日のCDリリースに先駆け、10月30日に先行配信された。当チャートでは11月9日付で47位に初登場。当週はCDリリースを迎えたほか、フジテレビ『FNS 歌謡祭 第1夜』の披露もあり、訴求をグレー層まで広げた。また、この「三文小説」と同じく最新シングルの表題曲「千両役者」は、当週28位に初登場している。


◎【Streaming Songs】トップ10
1位「炎」LiSA(13,187,391回再生)
2位「Dynamite」BTS(12,280,743回再生)
3位「Step and a step」NiziU(10,508,822回再生)
4位「ドライフラワー」優里(9,874,080回再生)
5位「虹」菅田将暉(9,458,995回再生)
6位「夜に駆ける」YOASOBI(7,959,021回再生)
7位「Make you happy」NiziU(6,724,306回再生)
8位「Stand by me, Stand by you.」平井大(6,729,362回再生)
9位「紅蓮華」LiSA(5,852,887回再生)
10位「silent」SEKAI NO OWARI(5,708,616回再生)

※()内はストリーミング再生回数。
※総合ソング・チャート“HOT 100”のストリーミング指標と動画再生指標およびストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”では、一部サービスにおけるデータを無料ストリーミングと有料ストリーミングで分けて集計し、それぞれ異なる係数を乗じているため、再生回数の合算によるランキングとは異なる場合があります。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい