【ビルボード】Mr.Children『SOUNDTRACKS』が総合アルバム首位 King Gnu新曲リリースで過去作も上昇 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】Mr.Children『SOUNDTRACKS』が総合アルバム首位 King Gnu新曲リリースで過去作も上昇

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】Mr.Children『SOUNDTRACKS』が総合アルバム首位 King Gnu新曲リリースで過去作も上昇

【ビルボード】Mr.Children『SOUNDTRACKS』が総合アルバム首位 King Gnu新曲リリースで過去作も上昇


 2020年12月14日付(集計期間:2020年11月30日~12月6日)の総合アルバム・チャート“HOT Albums”で、Mr.Childrenの『SOUNDTRACKS』が総合首位を獲得した。

 本作はMr.Childrenの2年2か月ぶり、20枚目となるオリジナル・アルバムで、『映画ドラえもん のび太の新恐竜』のダブル主題歌「Birthday」・「君と重ねたモノローグ」や、日本テレビ『ZIP!』のテーマソング「The song of praise」など全10曲が収録されている。CDセールスは当週248,507枚を売り上げて同指標1位を記録。ルックアップも2位の4倍以上のポイントを稼いで1位を記録しており、この2指標のポイントで総合アルバム首位となった。

 総合2位にはENHYPENの1stミニ・アルバム『BORDER : DAY ONE』がCDセールス2位・ダウンロード5位を記録して初登場。そして総合3位にはCDセールス3位・ダウンロード4位・ルックアップ7位で松任谷由実の『深海の街』、総合4位にはCDセールス4位・ダウンロード6位・ルックアップ8位で中島みゆきの『ここにいるよ』がチャートイン。『BORDER : DAY ONE』のルックアップ指標を除いて、総合2位から4位までの作品は各指標で高い順位を記録して初登場した。

 総合5位には宮本浩次の『ROMANCE』がCDセールス5位、ダウンロード3位、ルックアップ9位でチャートイン。これで初登場から3週連続トップ5キープとなった。そして、前週首位だったBTSの『BE』は総合6位にチャートイン。ダウンロード数は2,912DLで、2週ぶりに同指標1位を記録している。また、総合7位のmiletの『Who I Am』はダウンロード数が2,742DLで同指標2位だった。

 11位以下の動きでは、King Gnuの『CEREMONY』が前週30位から当週12位、『Sympa』が前週100位圏外から当週18位、『Tokyo Rendez-Vous』が前週100位圏外から当週20位に上昇している。King Gnuは12月2日に両A面シングル『三文小説 / 千両役者』をリリース。それによって過去作の掘り起しが生まれたと考えられ、『CEREMONY』のCDセールスのポイントは前週の6倍以上、『Sympa』は15倍以上、『Tokyo Rendez-Vous』は16倍以上となっている。


◎【HOT Albums】トップ10
1位『SOUNDTRACKS』Mr.Children
2位『BORDER : DAY ONE』ENHYPEN
3位『深海の街』松任谷由実
4位『ここにいるよ』中島みゆき
5位『ROMANCE』宮本浩次
6位『BE』BTS
7位『Who I Am』milet
8位『MUD SHAKES』ザ・クロマニヨンズ
9位『STRAY SHEEP』米津玄師
10位『The STAR』JO1


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい